10年で出荷されたiPhoneの3分の2が現役で稼働している

スポンサードリンク

過去10年のiPhoneの3分の2が現役で稼働

2017年にAppleのiPhoneは10歳を迎えましたが、過去のiPhoneの3分の2にあたる台数が未だに稼働し使用されていることが調査機関「Newzoo」によって明らかにされたそうです。

iPhoneシリーズ

AppleのiPhoneは2017年3月までの総出荷台数が11億3300万台に達したことを明らかにしており、そのうちの7億2800万台が2017年4月に稼働しており、iPhoneの総出荷台数の62.6%にあたり、スマートフォン全体で見ると25%も占めているとのことです。

その中でもっとも多く稼働しているのモデルがiPhone 6となっており、次いでiPhone 6s、iPhone 7となっており、iPhone 6以降のモデルが7割を占めており。2億2800万台が中国、1億2000万台がアメリカで使用されているようです。

  • iPhone 6:21%
  • iPhone 6s:18%
  • iPhone 7:11%
  • iPhone 6 Plus:9%
  • iPhone 6s Plus:8%

総出荷台数の62.6%が現役で稼働していると聞くと凄いようにも感じますが、iPhone 3G以前の端末に関しては出荷台数自体が少なくなっており、2014年にリリースされたiPhone 6シリーズが大ヒットしたこともあり、最近の機種の割合が異常に多いということを忘れてはいけないでしょう。

特にiPhone 6は中国でも売れたことがあり相当な台数が稼働しており、iPhone 5sも長らく販売が続けられ、現在のUQモバイルやワイモバイルで販売が続けられているので、かなりの台数が現役で稼働していると思われいます。

スポンサードリンク

iPhoneやiPadの製品寿命は長い

とはいえ、iPhoneやiPadはAndroid端末に比べても製品寿命は長く、特に昔の機種に関してはその傾向が強いようにも感じます。実際に2011年にリリースされたiPad 2は我が家でも現役で稼働しており、さすがに動作は遅くなってきていますが、子供がYouTubeを見る端末としては充分に機能を満たしてくれています。

現在、iOS10のサポートを受けることができる端末はiPhone 5以降、iPad(第4世代)以降となっていますが、5年前の2012年に発売された端末がまだ現役で普通に使うことができることを考えると、素晴らしいことではないでしょう。

DIGITIMESBuzzap!
スポンサードリンク
スポンサードリンク
follow us in feedly