iPhone8とiPhone7sのガラス素材のフロント/リアパネルのリーク画像

スポンサードリンク

iPhone8とiPhone7s/7s Plusのパネルのリーク画像

Appleが2017年秋に5.8インチiPhone8と4.7インチiPhone7s、5.5インチiPhone7s Plusの3モデルをリリースするとみられていますが、全てのモデルにてガラス素材の筐体を採用するといわれています。

そんな中で、あるケースメーカーが中国のガラスサプライヤーから受け取ったというiPhone8とiPhone7s/7s Plusのフロントパネルとリアパネルの画像が公開されています。

iPhone8の筐体パネル

こちらがiPhone8のものとされるガラス素材のパネルで、噂通りベゼルレスいようとなっており、上部には切り込みが入っていることが確認できます。また、リアパネルは縦に並んだデュアルカメラレンズのための穴が開けられています。

iPhone8 パネル リーク画像

ただ、技適マークが刻印されているのが怪しいところです。Appleは技適マークの刻印をiPhone 7よりやめており「設定」の「認証」で表示させる仕様に変更しています。試作品だから刻印しているのかな?

スポンサードリンク

iPhone7s/7s Plusの筐体パネル

さらに4.7インチiPhone7sと5.5インチiPhone7s Plusのリアパネルも公開されており、こちらもガラス素材の筐体になるのではないかとみられています。

iPhone7s/8 パネル リーク画像

全てのモデルでガラス筐体を採用したのはワイヤレス充電に対応するためと言われています。KGI証券のMing-Chi Kuo氏も以前にiPhone 7s/7s Plusもワイヤレス充電に対応すると伝えていたので、その通りになる可能性が高いのかもしれません。

ただ、そうなるならiPhone7sではなくiPhone8シリーズとして統一してしまってもいいのではないかと思ってしまいますが、5.8インチモデルはディスプレイ内蔵型のTouch IDや有機ELディスプレイ(OLED)などの大きな特徴があることから、iPhone7sシリーズとして登場するのも頷けます。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。