Touch IDが背面に搭載したiPhone 8のリーク画像【クローンの可能性高い】

スポンサードリンク

iPhone 8のリーク画像

2017年秋にリリースされるとみられるOLEDディスプレイを搭載したiPhone8とみられる画像がスペインのiPhoneros.comが公開しています。これらの画像は中国のサイトに公開されたもののようで同サイトは虚偽の情報ではないと主張していますが本物かどうかは不明です。

Touch IDは背面に搭載

最近はTouch IDはディスプレイに内蔵することに成功したという情報が多く、Touch IDを搭載したホームボタンは搭載されない可能性が高まっていますが、今回リークされた画像はTouch IDは背面部分にAppleのロゴマークの下に搭載されています。

iPhone 8 リーク1

ホームボタンが撤廃されたことでディスプレイのベゼルが狭くなりディスプレイが本体ギリギリまであることが確認できます。@VenyaGeskin1が公開しているiPhone 8の設計図ではディスプレイに切り込む形でFaceTimeカメラやセンサーなどが搭載され目立たないようになっていましたが、今回のリーク画像はそれとは違うものになっているようです。

また、デュアルカメラレンズは横向きではなく縦向きになっているのも今までの情報通りのデザインと言ってもいいでしょう。

iPhone 8 リーク画像2

なお、@VenyaGeskin1は今回のリーク画像については「これはクローンで本物ではない。このスマホは存在しません。」とTwitterでコメントしています。

iPhone 8は量産開始へ

なお、iPhone8はFoxconnのテリー・ゴウ会長が深センにある龍華工場で幹部たちに量産開始宣言をすると伝えられており、本体デザインについては確定したものとみられています。今後、量産品のリーク画像が増えてくる可能性は高くなるかもしれませんね。

iPhoneros.com9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。