iPhone9(2018年モデル)の画面サイズは5.28インチと6.46インチの二つになる?

スポンサードリンク

iPhone9(2018年モデル)は5.28インチ/6.46インチの画面サイズに?

2017年に発売されるiPhone8がどのような仕様になるのかはっきりとした情報が出てこない中で、その次のモデルとなる2018年に発売されるiPhone9はOLED(有機EL)ディスプレイを搭載した5.28インチと6.46インチの二つの画面サイズで発売されるとThe Investorが伝えています。

iPhone8-design-display-02

現行のiPhoneは4.7インチと5.5インチの二つの画面サイズのiPhoneがメイン機種となっていますが、2017年に5.8インチのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したiPhone8が発売され3つの画面サイズから選ぶことができるようになるとみられています。

iPhone9に搭載されるという5.28インチと6.46インチの二つのOLEDディスプレイはサムスンディスプレイが供給契約を締結して、OLEDディスプレイの出荷台数は1億8,000万台になる見通しとのこと。

スポンサードリンク

4.7インチと5.5インチをベゼルレス化?

4.7インチのiPhone7をベゼルレス化して5.28インチに、5.5インチのiPhone7 Plusをベゼルレス化して6.46インチに拡大されるということになるのでしょうかね。

2017年に5.8インチのiPhone8が発売されることになると、iPhoneのディスプレイサイズは4つになります。

  • iPhone SE:4インチ
  • iPhone 7s:4.7インチ
  • iPhone 7s Plus:5.5インチ
  • iPhone 8:5.8インチ

2018年のiPhone9はこのようなラインナップになるのでしょうかね。

  • iPhone SE:4インチ
  • iPhone 9:5.28インチ
  • iPhone 8s:5.8インチ
  • iPhone 9 Plus:6.46インチ

となるとiPhone SEもベゼルレス化して画面を大きくしたくなってしまうところです。まだまだ先のモデルのことなので確定はしていないでしょうが、Appleは様々な画面サイズを検討していることは間違いないのかもしれません。

個人的には画面サイズはこのままにベゼルレス化をして本体サイズを小さくした方がいいのではないかと思いますが、どうなるでしょうか。

The InvestorMacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。