5.8インチiPhone8は防水性能とステレオサウンドを向上か

スポンサードリンク

5.8インチiPhone8はスピーカーと防水性能を強化か

5.8インチのiPhone8はOLEDディスプレイとワイヤレス充電機能を搭載するのではないかとみられていますが、iPhone7より採用された防水性能とステレオサウンドに関してはさらに強化されることになるとJPMorganのアナリストが報告しているようです。

レシーバー部分が強化される

iPhone7とiPhone7 Plusのスピーカーは下部部分に一つだけ搭載されていますが、本体を横向き(ランドスケープ)にすることでレシーバー部分をスピーカーとして代用することでステレオサウンドを再生することができます。

レシーバーとは耳をあてて電話の声を聞くことができる切り込みのことですね。

iPhone レシーバー

iPhone8ではこのレシーバー部分に改良が施されるようです。具体的にどのような機能強化がされるのかは不明ですが、現行モデルのiPhone7とiPhone7 Plusでランドスケープモードにしてステレオ再生をさせるとレシーバー部分の音が若干弱いと感じることがあるので、ダイナミックレンジの改良が施されるのかもしれません。

また、iPhone8ではワイヤレスイヤホンのAirPodsが付属するのではないかという噂もあります。ただ、この情報に関しては懐疑的に見ているようですね。というのも、AirPodsとEarPodsの価格差があまりにも大きいので、高価なAirPodsが付属品になることは流石に無いようにも感じます。

1万円以上高いですからねー。付属してくれたら嬉しいけど。

スポンサードリンク

防水性能が向上

iPhone7とiPhone7 PlusからIP67の防水防塵性能を備えています。IP67は「粉塵が内部に侵入しない」「定められた条件で水中に没しても内部に水が入らないもの」をクリアした製品に与えられる規格となっていますが、iPhone8では防水性能を強化しIP68になるかもしれません。

IP68の防水性能は「指定圧力の水中に常時没して使用できるもの」となっています。

もしIP68に対応することになればApple Watch series2のようにプールの中でも使用することができることになりますが、果たして本当に防水性能を向上するのか注目ですね。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。