5.8インチiPhone8のデザインはこうなる?全面ディスプレイ搭載でファンクションエリア搭載のコンセプトデザイン

スポンサードリンク

5.8インチiPhone8のコンセプトデザイン

2017年モデルとなる次期iPhoneにはプレミアムモデルのiPhone8またはiPhoen Xと呼ばれるモデルが登場すると噂されていますが、今まで出てきている情報を元にiPhone8のプレミアムモデルのコンセプトザインがBenjamin Geskin氏が公開しています。

iPhone8コンセプト

iPhone8のプレミアムモデルは指紋認証のTouch IDを廃止する代わりに顔認識や虹彩認識を組み合わせる方式かディスプレイにTouch IDを内蔵させる方式が採用されるのではないかと予測されています。そのおかげで5.8インチの縦長の全面ディスプレイとなり、下部分にファンクションエリアが搭載されることに。

カメラに関してはデュアルカメラレンズが採用され、iPhone 7 Plusの横並びから縦並びに配置が変更されるとみられています。これは横画面でARに関連した機能を使うためという見方も。

iPhone8 コンセプトデザイン

下部分にファンクションエリアが搭載されることで有効画面サイズは5.15インチになり、ファンクションエリアで指紋認証したり、電話の応対、ミュージックプレイヤーの操作などをすることができます。

iPhone8 ファンクショエリア

プレミアムモデルのiPhone8は4.7インチのiPhone7と同じ本体サイズのまま5.8インチの大きなディスプレイを搭載しているので、一度に表示することができる内容が増え情報量が増えるというメリットがあります。

スポンサードリンク

個人的にはファンクションエリアで電話の応答の操作やミュージックプレイヤーの操作をすることができるようになるのは、作業を途中で中断しなくてもイイので、便利なのかなとも思います。

全画面ディスプレイはいいんだけど、画面の四隅が丸くなっているのがあまりカッコよくないですね…。本体デザインをそろそろ変えた方がいいんじゃないかとも思ってしまいますね。現在のiPhoneのデザインは2014年にリリースされたiPhone6からの流れを引き継いているので今年で3年目となります。

iDropNews9To5Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。