iPhone Edition(プレミアムモデル)のデザインが判明?2.5D強化ガラスにサイドにステンレスフレームを採用か

スポンサードリンク

プレミアムモデルのiPhone Editionの本体設計が完了か?

Appleは2017年にプレミアムモデルのiPhone Edition(iPhone 8)をリリースすると見られています。そんな中で、最近に似合ってくDVT(設計確認試験)の段階に入ったとMacお宝鑑定団Blogが伝えています。

iPhone Edition

発売は通常モデルよりも遅れることが予想されていますが、そろそろデザインに関しては確定しないといけない時期に入ってきているので可能性はかなり高いかもしれません。

デザインを大幅に変更へ

iPhone Editionの本体デザインは前面、背面とも2.5Dの強化ガラスが採用されサイド部分にはステンレススチールフレームを使用したものとなるようです。ステンレススチールフレームはApple Watchのステンレスモデルのように磨かれているとのこと。

また、前面に配置されていたホームボタンに関しては廃止されるようです。ただし、ディスプレイにTouch IDが内蔵されているかどうかまでは確認はできていないとのこと。

さらに前面の上部分にあったFaceTimeカメラはディスプレイに統合され全面ディスプレイデザインを実現しているようです。ディスプレイは有機EL(OLED)ディスプレイを搭載するもののGalaxyのような曲面ディスプレイではなくフラットなディスプレイになっているようです。背面カメラに関しては、iPhone 7 Plusでは横並びだった二つのレンズが縦並びに変更されるようです。これは、iPhone本体を横向きにした時にVRに関する機能を使うためのデザイン変更のようです。

スポンサードリンク

iPhone 7s/7s Plusは厚くなる?

同時に発表されることが予想される、既存モデルのマイナーアップバージョンとなる4.7インチiPhone 7sと5.5インチiPhone 7s Plusは本体サイズが少しだけ厚くなる可能性があり、iPhone 7/7 Plusで使用しているケースを使うことはできないとのことです。

なお、本体サイズが厚くなってしまう理由は不明です。バッテリー容量が増えて駆動時間が長くなるなら嬉しいけどな。

Macお宝鑑定団Blog
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。