次期AirPodsケースはApple WatchやiPhoneをワイヤレス充電可能に?Appleが特許を申請!

スポンサードリンク

次期AirPodsケースはApple WatchやiPhoneが充電可能に?

次期AirPodsケースはiPhoneやApple Watchをワイヤレス充電することができ、さらり防水性能も備えたハイテクケースに進化する可能性があるようです!AppleがAirPodsケースで電子機器をワイヤレスで充電することができる技術とAirPodsケースを防水化する技術の特許を米国特許庁に申請したことが判明しました。

AirPodsケース ワイヤレス充電

上記の図ではAirPodsケースの上にApple Watchを乗せて充電をしている様子が描かれていますが、特許はAp他にも、iPhone、iPad、iPod、MacBook、携帯型のホログラフィックプロジェクションシステムなどが含まれているようです。

iPhoneに関しては次期モデルでワイヤレス充電が可能になるのではないかと言われていますが、MacBookの名前も入っていることからMacBookに関してもワイヤレス充電を検討していることになりそうです。

同特許のAirPodsケースにはデバイスが置かれているかどうかを判定するための質量センサー、機械式インターロック、スイッチ、ボタン、ホール効果センサなどが含まれているようです。

さらにAppleは防水設計のAirPodsケースも検討しているようです。

AirPodsケース 防水

水を通すことのない密閉構造設計になっており、次期AirPodsケースは防水設計になる可能性が高いと言えるかもしれません。

現行モデルのAirPodsケースのバッテリー容量は398mWhです。Apple Watchを充電するには十分な容量かもしれませんが、iPhoneを充電するには少々物足りない容量です。もしiPhoneをワイヤレス充電することができる仕組みが備わるのであれば1000mWhくらいのバッテリー容量がないと厳しいかもしれません。

となると大型化の可能性もあるわけで、本当に実現するかは分からないかもしれませんね。

Patently Apple
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。