5.8インチiPhone Edition(プレミアムモデル)は縦長全面フラットディスプレイを搭載か

スポンサードリンク

iPhone Editionは縦長のフラットディスプレイを搭載か

次期iPhoneの登場は例年通りであれば2017年9月でまだ半年以上も先の話ですが、すでに数多くの次期モデルとなるiPhone8に関する情報が浮上してきていますが、プレミアムモデルとしての登場が期待されているiPhoneの名称はiPhone8の他にもiPhone X、iPhone Editionとも呼ばれています。

iPhone ディスプレイ

一部の情報ではディスプレイはフレキシブルな有機ELディスプレイを採用することで曲面ディスプレイになるのではないかとも言われていますが、HIS MarkitのアナリストによるとiPhone8のプレミアムモデルのディスプレイは今で通りフラットタイプのものが採用され、ホームボタンが廃止される代わりにディスプレイが縦方向に伸びた5.8インチのディスプレイを採用すると伝えています。

iPhoneのプレミアムモデルは以前からホームボタンが撤廃されるのは伝えらている情報で、この件に関してはほぼ間違いないのかもしれません。

もし、本当にホームボタンが廃止されることになれば指紋認証Touch IDはディスプレイに埋め込められることが期待されており、Appleはディスプレイに指紋認証機能を埋め込む特許をすでに取得しているなど、実現性はかなり高いのかもしれません。

スポンサードリンク

縦長大型ディスプレイが2017年のトレンドか

2017年のスマートフォンは、LG G6のように縦長ディスプレイの採用し小さい本体サイズの中でできる限り大画面になるような設計になっているデバイスがトレンドになると予想されています。

LG G6

LG G6は18:9という独自のアスペクト比を採用した5.7インチ(2,880×1,440ピクセル)のディスプレイを搭載しており、大画面でありながら片手で操作することができるスマートフォンとして発売が開始され、SAMSUNGのGALAXY S8も同様に縦長のディスプレイを採用するとみられています。

このことから、AppleのiPhone8(iPhone X・iPhone Edition)も同様な設計になる可能性は高いのかもしれませんね。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。