AppleがiPhone6sで電源が落ちる問題にバッテリー無償交換で対応へ

スポンサードリンク

AppleがiPhone6sで電源が落ちる問題に対応

Appleが「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」を開始しています。これは、ごく一部のiPhone6で電源が突然落ちてしまう現象が発生してしまうことが明らかになっていたものです。

iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム

この不具合は2015年9月から10月までの間に製造されiPhone6sで確認されており、ブログラムの適用対象かどうかはAppleの「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」のサイトからiPhone6sのシリアルナンバーを入力することで確認することができます。

対象かどうか、調べてみた!

試しに手持ちのiPhone6sのシリアルナンバーを入力してみました。なお、シリアルナンバーはiPhone6sより本体に刻印されていないので「設定」→「一般」→「情報」から確認することができます。

「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」

結果は「本プログラムの対象です。」と表示され対象のiPhone6sでした。

発売日に購入した人は対象になっている可能性が高いと言えるかもしれませんね。もし、適用対象のiPhone6sだった場合は、Apple正規サービスプロバイダ、Apple Store直営店、Appleテクニカルサポートのいずれかで修理に出すことができます。

近くにApple Storeがある人はそちらにGoしてもらえればいいと思いますが、僕のように最寄りのApple Storeに行くだけで6時間くらい掛かる人は、iPhone6sの「iPhone を探す」をOFFにしてから「Appleテクニカルサポート」から「配送修理」を選択して手続きを進めましょう!

するとクロネコヤマトから専用の箱を持ってきてくれて修理に出すことができます。

特に症状が出ていない場合でも無償で新しいバッテリーに交換してくれるチャンスなので、手続きをしておいて損はしないでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。