iPhone8(2017)は4.7/5/5.5インチの3モデルでガラス素材に!4インチは廃止される?

スポンサードリンク

iPhone8(2017)は4.7インチ/5インチ/5.5インチの3サイズに?

2017年に発売されるiPhone8の画面サイズは4.7インチ/5インチ/5.5インチの3サイズの展開となり、本体の背面部分には兼ねてから噂されているようにガラスボディになるとNIKKEI ASIAN REVIEWが伝えています!

iphone8006.jpg

iPhone8のディスプレイは4.7インチ/5インチ/5.5インチの3サイズとなり、本体の背面部分にはガラス素材が採用されるとのことで、デザインは現行モデルから大きく変更が加えられることになりそうです。

以前、プレミアムモデルが用意され、それがボディにガラス素材を採用するのではないかという情報がありましたが、すべてのモデルでガラス素材を採用するのかが気になるところです。また、ワイヤレス充電に対応しApple Watchのように充電器にiPhoneを乗せるだけで充電ができるようになるようです。

4インチモデルは廃止されるのか?

現在は4.7インチと5.5インチのディスプレイを搭載したiPhone7/7 Plusを中心に4インチモデルも別のシリーズとして用意されていますが、3つのモデルが同時にリリースされるということになるのでしょうか。個人的にはこの可能性はかなり高いのかなと思っています。

というのも、次期iPhoneとなるiPhone8はさらにベゼルレス化が進み同じ4.7インチのディスプレイを搭載していても本体サイズを小さくすることができるからです。

4.7インチのiPhone7の上に4インチのiPhone SEを重ねてみるとよく分かるのですが、仮にiPhone8でベゼルレスディスプレイにすることが実現できた場合、4.7インチのディスプレイを搭載して4インチのiPhone SEとほぼ同じ本体サイズを維持することができます。

iPhoneSEとiPhone7

iPhone8ではホームボタンが廃止されてディスプレイ上で指紋認証のTouch IDが使用できるようになると言われているので、可能性としてはあり得るのではないでしょうか。

同じく、5.5インチもベゼルレスディスプレイになった場合、4.7インチのiPhone7と同じくらいのサイズまで小さくすることができるかもしれません。

iPhone7とiPhone7 Plus

4.7インチと5.5インチの間に5インチモデルを投入する必要性があるのかは分かりませんが、4.7インチの画面サイズでは小さいけど5.5インチは大きいという方にとっては選択肢が広がることになりそうです。ちなみに5インチのディスプレイを搭載したスマホも多いので穴を埋めるという意味では可能性がありそうです。

スポンサードリンク

ガラス素材を採用する必要性は?

iPhone8は背面部分がガラス素材になると噂されていますが、個人的にはこれが少し疑問です。iPhone7/7 Plusでは光沢ブラックとしてジェットブラックがあります。

iPhone7 Plus デュアルカメラ

ジェットブラックの筐体はアルミ素材ですが9段階の酸化皮膜処理と研磨加工を施すことで、光沢のあるブラックを実現できていますが、この技術があれば割れやすく重量のあるガラス素材をわざわざ採用しなくてもいいんじゃないかなと思うんですよね。おそらくブラックだけでなくホワイトにも応用することができると思いますし。

本当にガラス素材を採用してくるのでしょうか。アルミ素材(光沢)を採用する一つデメリットとしては製造工程が複雑で時間が掛かることは考えられるかもしれません。

NIKKEI ASIAN REVIEWMacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • アルミ素材だと傷に弱いからでしょう。現行のジェットブラックは傷つきやすいですし。

    米メディアAppleInsiderは、来年発売予定のiPhoneは現行のiPhone7/7 Plusと同じく4.7インチ型と5.5インチ型の2モデル展開となると報じてますがね、

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。