日本のApple Payは10月25日から?iOS10.1にアップデートで利用可能に!

スポンサードリンク

日本のApple Payは10月25日スタートか

10月下旬から日本におけるApple Payのサービスが開始されることがアナウンスされてしまいたが、マイナビニュースによると10月25日(火)にもApple Payのサービスが開始されてiPhone7/7 PlusのFeliCa機能を使って決済ができるようになるとのことです。

Suica iPhone7

Apple PayはiPhone7/7 PlusをiOS10.1にアップデートすることで使用することができるようで、iOS10.1を適用することによって日本のクレジットカードをWalletアプリに登録してiDまたはQUICPayを使って決済をすることができるようになるようです。

また、同時にSuicaを発行しているJR東日本も同じタイミングでのサービス展開を予定しているそうで、専用のSuicaアプリをインストールすることで、SuicaをiPhone7/7 Plusで使うことができるようになるようです。

スポンサードリンク

ティム・クックCEOがSuicaを体験

10月13日にAppleのティム・クックCEOが来日して東京に駅でiPhone7を使って改札を通る様子をTwitterで報告するなど、準備は整っている様子がアピールされていました。

SuicaはJR東日本が発行している電子マネーカードですが、相互利用に対応している地方のサービスでも利用できるので、使いこなすことができれば意外と便利なのかなと思っています。

ただし、JR東海の東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX-IC」が使えない、銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスも利用することができないなど制限があることがJR東日本が発表しており、現在使用しているユーザーが簡単に移行することができるのかが気になるところです。

なお、Suicaは普通なら関東エリアのJRの駅やコンビニでで購入する必要がありますが、iPhoneで提供される専用アプリからSuicaを購入することができる仕組みが導入されているので地方に住んでいる方でも気軽にSuicaを利用することができるようになります。

コンビニではSuicaの支払いができるのでこれは便利と言えるかもしれません。

マイナビニュース
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。