Appleがディスプレイ内に環境光センサーを埋め込む技術特許を取得!

スポンサードリンク

ディスプレイの中に環境光センサーを埋め込む特許

2017年にリリースされる次期iPhoneの「iPhone8」は全面ディスプレイが採用されるのではないかと噂されていますが、Appleがディスプレイの中に環境光センサーを埋め込む技術特許を取得したことが米国特許庁の発表で明らかになりました!

環境センサーをディスプレイ内に

Appleが取得した特許はディスプレイの中に環境光センサーを埋め込むことができる技術となっており、今までベゼル部分に搭載するためにスペースが必要でした。しかし、この新技術を使うことでそのスペースは必要にならず、ベゼル部分を狭くすることが可能になります。

ただ、環境光センサーをディスプレイに埋め込んだとしても受話スピーカーをどのように埋め込むのかの問題が残っているようです。

次期iPhoneはフルスクリーンディスプレイに?

Appleは指紋認証のTouch IDもディスプレイの中に埋め込むことができる技術特許を取得するなど次期iPhoneのディスプレイはフルスクリーンディスプレイになるのではないかと思われる技術ばかりとなっています。本当にフルスクリーンディスプレイのiPhoneが登場するかどうかは分かりませんが、Appleは検討をしていることは間違いないようですね。

フルスクリーンディスプレイのスマートフォンはまだ世の中に出てきていないとは思いますが、シャープから登場したAQUOS PHONEは上部分のベゼルが極限まで狭くなったデザインでリリースされたこともあります。(その後は普通のデザインになってしまいましたが。)

AQUOS PHONEも完全なるフルスクリーンディスプレイではなく下部分にセンサーが埋め込まれたりしていました。Appleはセンサー類をディスプレイに埋め込む技術を組み合わせることで完全なるフルスクリーンディスプレイを実現しようとしているのかもしれません。

フルスクリーンディスプレイを搭載したiPhoneに使い勝手が気になるところですが、同じサイズでも画面がより広く表示させることができるのは大きなメリットになることは間違いないでしょう!

Appleinsider
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。