日本でFeliCa対応したiPhone7のNFCチップは海外モデルと共通部品だった!

スポンサードリンク

iPhone7のNFCチップは世界共通

iPhone7とiPhone7 Plusは日本待望となるFeliCaが日本限定機能として10月より利用できるようになりましが、将来的には海外モデルのiPhone7とiPhone7 PlusでもFeliCaを利用することができるようになる可能性が出てきました。

これはiFixitは日本モデルのiPhone7(A1779)を、Chipworksが米国や欧州向けのiPhone 7 (A1778)、さらに中国・香港向けのPhone7(A1660)をそれぞれ分解をし、それに搭載されているNFCチップが全て同じ型式となる「67V04」が実装されていたと気になる、記になる…が指摘しているものです。

NFCチップ Iphone7

このことから、iPhone7に搭載されているNFCチップは世界共通のNFC Type A/BとFeliCaのNFC Type Fに対応しており、ソフトウェアで日本でしかFeliCaを利用することができないように制限を掛けていることが予想されます。

現時点ではiPhone7のFeliCaは日本でしか使用することができず海外では使うことができません。そもそも、世界でFeliCaを導入している国がほとんどないので使うことができませんが。

将来的には海外モデルでもFeliCa利用が可能に?

FeliCaは日本独自規格ですが、世界標準規格として取り扱われるうように規格整備が進められれてつい先日、NFCの国際標準団体NFC ForumがFeliCaをNFC Type Fとして制定されました。

このことを考えると将来的にはNFC Type F(FeliCa)は世界で使用される規格になる可能性があり、次期iPhoneでは日本モデル以外でもFeliCaが使えるようになる可能性は高いと言えるでしょう。

スポンサードリンク

東京オリンピックがポイント

やはり2020年に開催される東京オリンピックで海外からやってきた外国人がFeliCaのSuicaを利用することが出来るかどうかがポイントとなりそうです。東京オリンピックが開催されることで外国からものすごい人が東京に押しかけることになりますが、東京の駅はただでさえ混雑している場所。そこに海外からやってきた人が加わるとなれば大混乱になりかねません。

そこで、iPhoneを使って簡単に外国人の方がSuicaを利用することができるようになれば、その混乱も少しは抑えることができるでしょう。JR東日本も「インバウンド(訪日外国人)に力を入れている」と発言をしていることから海外の方でも簡単にSuicaを利用することができるように整備を進めている可能性は高そうです。

気になる、記になる…
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。