iPhone7の防水性能はかなり高い!水槽の中に水没させたりサーフィンで使用した動画!

スポンサードリンク

iPhone7の防水性能はどれくらい?

iPhone7とiPhone7 Plusはついに防水防塵機能を手に入れたわけですが、Appleは水濡れによる保証は対象にならないとしており、水の中で使うことは推奨しているわけではないように感じます。とはいえ、iPhoneはIP67等級の防水防塵機能を持っており、それなりの耐水性能を持っているでしょう。

そんな中で、iPhoneの耐水性能を実験している動画をアップしているので紹介したいと思います。

iPhone7をコップの中に水没

まず、iPhone7を水の入ったコップの中に水没、さらにファンタオレンジ、ホットコーヒーが入ったコップの中にも入れてしまうという実験動画が公開されてます。

結果としてiPhone7は壊れることなく動作し続けることになり、その後分解をした中を確認したところ、内部に水の侵入は見られなかったようです。

iPhone7をサーフボードの上に設置

オーストラリアのビーチで女性がiPhone7をサーフボードの上に設置して、サーフィンをしている様子を動画で撮影している様子が公開されています。

Apple Watch Series2は海の中で使用することを想定したものになっていますが、iPhone7は海の中で使うことは想定されていませんが、特に問題なくサーフボード上に設置されたiPhone7で動画の撮影を行うことができたようです。

ただ、海水は部品の劣化を早めてしまう恐れがあるので、海での使用はやめたほうがいいのかなと思います。

iPhone7を水槽の中で7時間水没

これはiFixitが公開している動画でiPhone7を水槽の中に入れて動作し続けることができるかどうかという実験でライブストリーミングされていたようですね。

結果としては7時間以上水没させた状態でもiPhone7は問題なく動く続けているようです。これは凄いかもしれませんね。今までとは違った写真の撮り方なども出てきそうな予感がします。

iPhone7は高い耐水性能を持っている

iPhone7のIP67等級は1mの水深で30分間内部に水が侵入しないことが条件となっていますが、それ以上の耐水性能を持っていることは間違いないようですね。

Appleとしても耐水に関してはかなり慎重になっているようで、ユーザーには耐水機能を搭載したことを伝えつつ「使うのは生活防水程度の使用にしてね」と保証対象外にしています。これは米国では訴訟問題に発展しかねないことなのでできるだけ高い耐水性能を確保しつつ、あまりハードに使わないように促して、水に関するトラブルを極力避けたいということなのかもしれませんね。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

AppleオンラインストアでiPhoneをチェック
MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。