iPhone7の感圧式ホームボタンの押し心地を調整する方法

スポンサードリンク

iPhone7のホームボタンの押し心地について

iPhone7とiPhone7 PlusのホームボタンはiPhone伝統の物理ボタンを廃止し、Taptic Engineを組み合わせたタッチセンターの感圧式ホームボタンが採用されています。

iPhone7 ホームボタン

Taptic Engineは2015年9月に発売が開始されたiPhone6s/6s Plusが3D Touchに対応した時に搭載されたもので、画面を強くタップした時に指にフィードバックを得ることができるモーターです。

それが、今回のiPhone7にてホームボタンにも応用させたことになります。

物理ボタンでないホームボタンの使い心地を表現するのは難しいのですが、ディスプレオ3D Touchの使用感がホームボタンでも再現されていると思っていいと思います。物理的にボタンはクリックされていませんが、指にはしっかりとボタンをクリックしたという触覚を感じることができます。

今回、iPhone7/7 Plusにこのようなホームボタンを採用した理由の一つに防水機能に対応するため、少しでも隙間という隙間を無くしたかったということなのかもしれません。また、物理ボタンではないことから物理的に故障する可能性が低くすることができるかもしれませんね。

スポンサードリンク

フィードバックの強さを調整する方法

センサー式ホームボタンのクリック感は最初はかなり違和感を感じることになると思います。そこで、「設定」→「一般」→「ホームボタン」から…

iPhone7 ホームボタン

ホームボタンを押した時のフィードバックの強さを3段階で設定することができるので、自分好みの設定を試してみてはいかがでしょうか。

iPhone7 ホームボタン フィードバック3 iPhone7 ホームボタン フィードバック1

フィードバックの設定はiPhone7の初期設定の時にも聞かれるので、そこで設定をしてもいいのですが上記のように「設定」アプリからも後で変更することができます。

とりあえずフィードバックが一番強い「3」にして使っていますが、「1」でも普通に使うことができるのかなーと思います。いずれの設定でも、iPhone7を手で持ってホームボタンを押すとしっかりフィードバックが指に伝わるのですが机の上に置いてホームボタンを押すと振動が机に吸収されてしまうのか、全くと言っていいほど指にボタンを押したという感触を得ることができません。

ここが最大の違和感と言ってもいいかもしれません。机に置いてホームボタンを押すことが多いので、少し使いづらいと思っているのですがいずれ慣れてくるものなのでしょうかね…。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus

AppleオンラインストアでiPhoneをチェック
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。