2018年モデルiPhoneのA12チップはIntelのARMプロセッサに?

スポンサードリンク

A12プロセッサはIntel製に?

iPhoneやiPadの心臓部とも言えるAプロセッサは台湾のTSMCや韓国のSAMSUNGが供給をしていますが、2018年モデルのiPhoneに搭載されるA12プロセッサから米国のIntelが製造したチップが採用される可能性があるようです!

Apple A5
iPad 2が壊れたので分解して基板を取り出してみました..

iPhone 6s/6s Plusに搭載されているA9プロセッサはサムスンとTSMCの2社が供給をしていますが、iPhone 7/7 Plusに搭載されるA10プロセッサはTSMCが独占して供給することが伝えられており。2017年モデルのiPhoneもTSMCが独占供給するとも言われています。

調査会社のGartnerによると、IntelはARMと提携しARMプロセッサの製造を行うことを明らかにしており、すでにAppleとの交渉を実施しているようです。

2018年モデルのiPhoneよりIntelがAppleから受注を獲得する可能性があり、2018年から2019年にかけてTSMCは厳しい競争に直面することになるとのこと。

スポンサードリンク

CPUプロセッサの供給先が変更となること自体はユーザーにとっては特に大きな意味を持っていませんがIntelの高度な製造技術によって他社よりも優れた技術をAppleに提供することができるだろうとしています。

また、チップ生産の一部を米国にシフトすることもでき米国企業を奨励するためにワシントン政策に沿ったものにもなっているようです。

以前からiPhoneにIntelのチップが採用されるのではないかと噂されており、iPhone 7/7 Plusに採用されるモデムチップはクアルコム製からIntel製に切り替わるとも言われています。

モバイルプロセッサの進化が著しいですが2年後のA12プロセッサはどれほどの性能を持ったプロセッサになるのか、そろそろMacBookに搭載されてもいいレベルに達していると思うのですが、移行する可能性はあるのでしょうか。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。