iPhone7/7 Plusは発売当初から販売数が少なく購入が困難になるかも?

スポンサードリンク

iPhone7も発売当初は販売数が少なくなる?

毎年恒例とも言えますが、9月に発売が開始されるiPhone7の一部のサプライヤーが低い歩止まりになっていることから発売当初は供給が追いつかずに品薄になる可能性が高いそうです。

iPhone 7

Yuanta Investment Consultingのアナリストによると、供給が追い付かない原因となっている部品は防水スピーカーとデュアルカメラモジュールとなっているそうです。

4.7インチのiPhone7と5.5インチのiPhone7 Plusの両モデルにおいて供給不足となり、これが原因で2016年内に生産されるiPhone7は7,400万台となると予想されiPhone6sの8,400万台から1,000万台も少なくなる可能性があるようです。

そもそも、需要が少ないかも?

まだ正式に発表されていないのでどのようなスペックになるかは不明ですが、今までの情報によるとiPhone7のデザインはiPhone6sをベースにアンテナラインの一部撤廃などブラッシュアップをした小変更に留まるとみられています。

つまり、わざわざiPhone6sから乗り換えをしてまでの魅力があるのかどうかが、販売数に大きく影響を及ぼすことになるのかもしれません。個人的には最初はダサいと思っていたiPhone7のデザインですが、新たに追加されるというスペースブラックはなかなかカッコイイのではないかと思い始めてきました。

スポンサードリンク

内部スペックは大きく進化?

見た目はさほど変化がないと言われているiPhone7ですが、内部的には大きく進化していることからナンバリングはiPhone6sからiPhone7にバージョンアップするとみられています。

新しい情報ではiPhone7はFelicaに対応し日本で広く普及している「おサイフケータイ」として利用することができるようになるのではないかとも言われています。

以前にティム・クックCEOは「iPhone7は想像つかない革新的な機能を搭載しiPhoneなしでは生活できない」とCNBC放送でコメントをしています。

日本人にとっては「おサイフケータイ」は生活必需品になっているユーザーさんも多いことでしょう。でも、FeliCaは現時点では日本でしか普及していない規格で米国のCNBC放送でこの発言をするのは違和感を感じます。

ティム・クックCEOが言う「iPhoneなしでは生活できない機能」とは一体何を指しているのですかね。ちなみに、FeliCaは世界標準規格として認められて世界では「NFC-F」という規格で今後の普及が期待されています。

MacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。