2017年のiPhoneは曲面ディスプレイのOLEDモデルが追加され3ラインナップに?

スポンサードリンク

2017年モデルのiPhoneに曲面ディスプレイを搭載したモデルが?

2017年にリリースされるiPhoneは10周年記念モデルということもあり革新的なモデルになるのではないかと噂されていますが、Nikkei Asian Reviewによると今まで4.7インチと5.5インチのディスプレイを搭載したモデルに加えて曲面ディスプレイのOLED(有機EL)を搭載したプレミアムモデルとなる3つ目のiPhoneが追加されると伝えています。

コンサル会社のYuanta Investment Consultingによると2017年にリリースされるiPhoneのプレミアムモデルはアルミ素材の筐体ではなくガラス素材の筐体になるのではないかとしていますが、以前にKGI証券のMing-Chi Kuo氏が5.8インチのOLEDディスプレイを搭載したガラス筐体になった完全に新しいiPhoneがリリースされるのではないかとしていました。

曲面ディスプレイのiPhone

曲面ディスプレイを搭載することでサムスンのGalaxy S7 edgeのようにサイドのedge部分から呼び出すことができるジェスチャーボタン機能が追加されることも期待できますが、OLEDディスプレイになることで表示コントラストが高くなり、表示の応答速度が速くなる、視野角が高くなる、優れた電力効率による省電力化なども期待ができます。

AppleはiPhoneの中国での売り上げが33%減少するなど世界的に見ても販売数が落ち込んでいます。

そんな中で、サムスンは曲面ディスプレイを搭載したGalaxy S7 edgeの販売が好調となっています。この状況から見ても次機種のiPhoneに曲面ディスプレイを搭載したプレミアムモデルが追加される可能性もあるのかもしれません。

http://itstrike.biz/apple/iphone/36551/

Nikkei Asian ReviewMacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。