Appleのワイヤレスイヤホンは低電力Bluetoothチップを内蔵か

スポンサードリンク

AppleがBluetoothチップを開発か

秋にリリースされるiPhone7は3.5mmのヘッドフォンジャックが廃止されてLightningコネクタとヘッドフォンジャックの変換アダプタが付属するのではないかと言われていますが、Appleはワイヤレスイヤホンのための専用のBluetoothチップを開発しており、このチップをワイヤレスイヤホンに内蔵するのではないかとForbesが伝えています。

ヘッドフォン iPhone

Appleが開発しているというBluetoothチップは2013年に買収したPassif Semiconductorの技術を使った低電力で動作するモノとなっており、ワイヤレスイヤホンの課題であるバッテリー駆動時間を解決する可能性を秘めています。

iPhone7のリリース時に登場?

元々は2015年に製品化される計画だったそうですが、パフォーマンスの問題があったことからリリースされることなく、現在に至っているようです。

この問題が解決しているかどうかは不明で、iPhone7がリリースされることでAppleからワイヤレスイヤホンが登場することになったとしても、同チップが採用された製品になるかどうかは分からないようですね。

AppleはiPhoneやiPadの一番重要な部品とも言えるAプロセッサを独自開発していることからチップ開発をすること自体は珍しいことではありません。ワイヤレスイヤホンなどはサードパーティ製のものが多数発売されていることから、Apple独自のチップを搭載することでより高性能な製品を実現しようとしているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

iPhone7はヘッドフォンジャック廃止

iPhone7は今までの情報からヘッドフォンジャックが廃止されることはほぼ確実と言ってもいいでしょう。

デザイン的にはiPhone 6/6sとさほど変化ありませんが、アンテナラインが少なくなったことで印象としてはだいぶスッキリとしたデザインになっています。個人的にはヘッドフォンジャックはほぼ使っていないので、よりシンプルになることは非常に喜ばしいところではあります。

ForbesMacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。