iPhone8(2018年モデル)は虹彩認証機能を搭載でよりセキュアに?

スポンサードリンク

2018年のiPhone8に虹彩認証機能を搭載か

2018年にリリースされる次期iPhone(iPhone 8)に新しいセキュリティシステムとして生体認証技術である虹彩認識を採用するかもしれないとDigiTimesが伝えているようです。

iPhone FaceTimeカメラ

虹彩(こうさい)認識機能はiPhoneの前面カメラなどで人の目の虹彩をパターン認識して認証するシステムとなっており、メガネやコンタクトレンズをしていても、認識精度はほとんど落ちることがなく、生体認証システムとしては理想的なものとなっているそうです。

虹彩認識はサムスンがリード

近年では指紋認証技術となるTouch IDをAppleが先駆けてiPhone 5sに搭載したことで、Androidスマホにも指紋認証機能が搭載されている機種はかなり増えて、スタンダードになりつつあり生体認証によるセキュリティは今後、さらに進化することが予想されます。

スポンサードリンク

虹彩認識についてはサムスンが一歩リードしていて、近日にも発売が開始される5.7インチのディスプレイを採用したファブレット端末のGalaxy Note 7に虹彩認識センサーを搭載するという情報もあります。

ただし、虹彩認識はアルコールを摂取した時、眼の手術後、低照明といった条件ではパフォーマンスが低下するという欠点もあるようです。実際の認証速度がどれくらいのものになるのか分かりませんが、画面を見ただけで画面ロックをセキュアに解除することができるようになれば、かなり便利な機能と言えるかもしれませんね。

2018年にリリースされるiPhoneに搭載されるという噂ですが、今年の秋にリリースされるiPhone 7から2世代も先の後継機なので、かなり先の話で実際にどうなるかはまだまだ未知数といったところでしょうか。

DigiTimesMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。