iPhone7とiPhone6sを比較した動画がリーク!デザインはほぼ確定か?

スポンサードリンク

iPhone7とiPhone6sを比較した動画がリーク!

2016年9月にリリースされるとみられるiPhone7とiPhone6sを比較した動画が公開されています。

このリークされた画像を見る限り、iPhone7はiPhone6/6sをベースとしたデザインとなっていることが確認でき背面カメラが大型化され3.5mmのヘッドフォンジャックが廃止され、アンテナラインのデザインが少しだけスッキリとしたものになる…というのはほぼ間違いないようですね。

iPhone7とiPhone6sの比較1

背面カメラに関しては、4.7インチのiPhone7にも光学式手ぶれ補正機能が搭載されるとみられており、iPhone6/6sにはカメラ部分に金属製のリングが装着されていましたがiPhone7ではリングはなく筐体自体が盛り上がるデザインに変更されています。

製造的にはiPhone7の方が凝ったものになり取って付けたかのようなデザインではなくよりデザインに統一感が生まれたかのように見えますが、より出っ張りが大きくなったことが賛否分かれるところと言えるかもしれません。というか、なぜここまで出っ張りが大きくなってしまうのでしょうか。それだけ性能向上が期待できるということなのかな。

iPhone7とiPhone6sの比較2

3.5mmヘッドフォンジャックは廃止されて新たにスピーカーが追加されています。ヘッドフォンはLightning経由から利用する形になり、Lightningコネクタに変換するアダプタが付属されるかもしれないことが情報として出てきてます。

iPhone7とiPhone6sの比較3

また、白色にアンテナラインの一部が撤廃されることにより少しだけスッキリとしたデザインに変更されています。

iPhone7とiPhone6sの比較4

こちらが公開された比較動画です。

デザインはこれでほぼ決まりか

今まで流出している画像を見るとこのデザインになることはほぼ間違いなさそうな感じですね。

アンテナラインのデザインに関してはケースを入れて利用しているユーザーにとってはあまり関係にない部分と言えますが、個人的にはiPhoneはケースに入れずに裸で使っていることもあり、アンテナラインが見直されてスッキリとしたデザインになることは喜ばしいことではあります。

しかし、残ったアンテナラインのデザインがカッコイイかと聞かれると微妙なところがありますよね。他社のスマートフォンでは金属製の筐体を採用しつつアンテナラインを極限まで減らして目立たないデザインを実現しているものが出ている中で、このデザインはどうなんだろうか。本当にiPhone7はこのデザインのままリリースすることになってしまうのでしょうか。

カラーがダーク系の色合いが追加されることはかなりプラス要素になるように感じます。

NowhereelseMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。