iPhone7/7 Plusの背面パネルのリーク画像が公開!カメラ部分がさらに盛り上がる!!

スポンサードリンク

iPhone7の背面パネルのリーク画像

次期iPhoneとなり「iPhone7」の実機画像が続々とリークされているようですね。過去のモデルでもこの時期にされた画像は本物だったことから、これらの画像も本物である可能性は高いのかもしれません。やはり、iPhone7のデザインは既存路線のままアンテナラインの一部とイヤホンジャックの撤廃は確実と言っていいのかもしれません。

iPhone7の背面パネルのリーク画像

こちらが今回リークされた4.7インチのiPhone7の背面部分のパネルです。4.7インチモデルのiPhone7にも光学式手ぶれ補正機能が追加されると言われていますが、カメラの穴がiPhone 6/6sのものよりも巨大化しているのが確認できます。また、白色のアンテナラインが部分的に廃止されるなど、デザイン的な変化を見ることもできます。

iPhone7 背面パネル リーク

また、透明ケースを装着したiPhone7のリーク画像も。こちらもカメラの穴が大きくなっていることが確認できます。今まではフラットな状態の上のカメラレンズが装着された状態でしたが、iPhone7は筐体レベルから盛り上がっているようでう、カメラ部分の厚みは今まで以上に厚いものになるのかもしれません。

iPhone7 リーク画像

イヤホンジャックがなくなった筐体の下部分の画像もリークされており、イヤホンジャックの端子が廃止された代わりにステレオスピーカーが搭載されると思われるスピーカーグリルが空いているのが確認できます。

iPhone7 リーク画像

こうやって見る限り、本体の薄さは現行モデルと同じくらいになっているかもしれませんね。

スポンサードリンク

iPhone7 Plusの背面パネルのリーク画像

5.5インチのiPhone7 Plusの背面パネルのリーク画像も流出しており、カメラ部分は横長になっていることからデュアルカメラレンズが搭載されていることが確認できます。

iPhone7 Plus リーク画像

一時期、デュアルカメラレンズの搭載は技術的な問題から見送られたことが伝えられていましたが、実際のところはどうなんでしょうかね。ただ、他社のスマートフォンのハイエンドモデルでデュアルカメラレンズを搭載したモデルがと発売されていることを考えると必須機能のようにも感じます。

まとめ

iPhone7はA10プロセッサを搭載しさらに基本性能が高められることになり、新しいLTEのモデムチップによりLTEの通信速度が高速化されるとみられています。防塵、防水機能にも期待したいところですが、次期モデルとなるiPhone7はどのような仕様になるか楽しみです。

2016年9月に発表され同月に発売が開始されることが予想されます。

nowhereelse.frMacRumous
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。