iPhone7は小改良になる可能性大?フルモデルチェンジは2017年のiPhone 8に

スポンサードリンク

iPhoneのフルモデルチェンジ周期が1年延長?

2016年モデルのiPhone7はやはりマイナーチェンジモデルになってしまうのでしょうか。

日本経済新聞が、2016年に発売が予定されているiPhone 7はカメラの性能アップなど小改良にとどまり、2017年モデルのiPhoneにてフルモデルチェンジを果たすことになると伝えています。

iPhone 7 レンダリング画像

iPhone 7は小幅な変更に

iPhone 7の本体デザインは現行モデルのiPhone 6sをベースにアンテナラインの一部とイヤホンジャックの端子が撤廃され、4.7インチのiPhone 7に光学式手振れ補正機能、5.5インチのiPhone 7 Plus(Pro)にデュアルレンズカメラシステムが搭載される機能を向上させたモデルになるよです。

iPhone 8は大幅な変更に

2017年に発売されるiPhone 8は本体デザインが大幅刷新されます。

一部ではガラス素材を駆使したデザインになるとも言われていますが、内部パーツも大幅に見直しがされ、有機ELディスプレイを採用し、高性能な小型モータを利用した複雑な感触を疑似的に生み出すことができる新しい操作感覚を得ることができる機能が搭載されるなど、大きく進化を果たすことになるとのこと。

スポンサードリンク

開発が間に合わなかったのか?

もし、これが事実であれば今まで2年ごとのフルモデルチェンジの開発サイクルが崩れてしまうことになります。今まで出てきている情報を見る限り、iPhone 7は本当にマイナーアップデートに留まりそうな勢いですね。

iPhone 6sシリーズは3D Touchなどの新しい機能を搭載しましたが、販売数はさほど盛り上がりを見せなかったようにも見えます。もしiPhone 7で小幅なアップデートにとどまるとしたら、販売数に大きく影響を与えてしまうようにも感じます。これがAppleの戦略なのか、それとも開発が間に合わなかっただけなのか…。

ティムクックCEOはiPhone7には生活から手放すことができなくなる新機能が搭載されていると発言をしていますが、これまでの情報ではそのような雰囲気は全く伝わってきません。

果たして、どうなるのか?いずれにしても、2016年モデルとなるiPhone 7がどのようなデザインで発売されることになるのか注目ですね。

日本経済新聞
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。