iPhone 7 Plusはデュアルカメラと3GBRAMを搭載でスペック差が拡大か

スポンサードリンク

iPhone 7シリーズの仕様の噂

2016年9月にもリリースされるとみられる「iPhone 7 Plus」はデュアルカメラレンズと3GBのRAMを搭載したモデルになるとKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が報告していることが明らかになりました。

iPhone 7 レンダリング画像

デュアルカメラレンズは以前から噂となっており「iPhone Pro」の名称で「Plus」とは別のモデルで登場すると言われていましたが、5.5インチディスプレイモデルの「iPhone 7 Plus」がこのような仕様になるようです。

なお、4.7インチディスプレイを搭載した「iPhone 7」は2GBのRAMを搭載するということで、iPhone 6sシリーズは手ぶれ補正機能の有無くらいしか性能差はありませんでしたが、今まで以上にスペック差が広がることになり、単純にディスプレイの大きさだけで比較することができなくなりそうです。

CAD画像が公開

また、uSwitchに「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」のCAD画像が公開されています。

こちらが4.7インチディスプレイを搭載した「iPhone 7 」のCADデータ。

iPhone 7 CADデータ

そして、こちらが5.5インチの「iPhone 7 Plus」のCADデータ。

iPhone 7 Plus CADデータ

どちらもiPhone 6/6sシリーズに存在していたアンテナラインがなくなっており、3.5mmのヘッドフォンジャックが廃止されていることが確認できます。また、iPhone 7 Plusに関してはデュアルカメラレンズを搭載することからカメラレンズ部分が横長になっており、さらにiPad Proに採用されている「Smart Connector」が背面部分に搭載されていることが確認できます。

スポンサードリンク

物足りないデザイン

本体サイズはiPhone 6sシリーズと同じとなっているそうで、もしそうなら3.5mmのヘッドフォンジャックを廃止している意味がないのではないかと思ってしまいます。

デザイン的には噂通りiPhone 6/6sと似たようなデザインが採用されているようで、フルモデルチェンジの時期のモデルにしては少々物足りなさを感じてしまいます。2017年モデルのiPhoneは本来なら「S」付きモデルになるはずですが、噂ではガラス素材の筐体に有機ELディスプレイを搭載した「iPhone 8」がリリースされると言われています。

このデザインを見ると本当にその流れになりそうな予感がしますね。

なお、ティム・クックCEOはiPhone 7は生活になくてはならない革新的な機能が搭載されている発言をしています。果たして、iPhone 7はどのようなモデルとして登場することになるでしょうか。

MacRumousuSwitch
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。