2017年モデルのiPhoneは「iPhone8」になりホームボタンも廃止?

スポンサードリンク

2017年モデルのiPhoneは「iPhone 8」に?

2017年モデルのiPhoneは通年通りの流れでいけば「iPhone 7s」の名称となりましたがアナリストのMark Moskowitz氏によると、「S」付きを廃止して「iPhone 8」の名称になり、フルモデルチェンジしたモデルになると予測をしているようです。

iPhone 5s ロゴ

2017年モデルとなる「iPhone 8」の機能としてはワイヤレス充電に対応、有機ELディスプレイを搭載しデザインは完全に刷新され、ホームボタンが廃止されるのではないかと予測しています。

今までの情報では、2016年モデルとなる「iPhone 7」は現行モデルのデザインをベースに素材を見直すことでアンテナラインの一部を撤廃し、ヘッドフォンジャックの撤廃、Smart Connectorの搭載するのではないかと予測されています。デザインはiPhone 6/6sシリーズをベースとしているのでマイナーアップデート的な位置付けのようにも見えてしまいます。

スポンサードリンク

そんな中で2017年モデルのiPhoneは本体の素材をアルミからガラスに変更し、さらに有機ELディスプレイの搭載と大きく変化をすることから「iPhone 7s」を飛ばして「iPhone 8」の名称が採用される可能性は高いと言えるかもしれません。

ホームボタンについてはAppleは過去にディスプレイに指紋認証機能を埋め込む特許技術を取得していることから、可能性としてはあるのかもしれません。また、タッチスクリーンに指紋認証のTouch IDを内蔵したディスプレイとディスプレイドライバーの統合チップの「Touch and Display Driver Integration(TDDI)」を開発しているとも言われています。

ワイヤレス充電が標準になるとLightningコネクタの必要性もなくなるので将来的には全てが無線で繋がるのが当たり前となる時代が来るかもしれません。近年はスピーカーやヘッドフォンなどにBluetooth接続もメジャーになってきたこともありiPhone 7ではヘッドフォンジャックが廃止されるのではないかとも見らています。

MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。