AppleがiPhone SIMフリー版の販売価格を値下げへ!円高の影響に考慮か

スポンサードリンク

円高でiPhoneの価格が値下げへ!

ついに円高の影響を受けてAppleがiPhoneの販売価格の改定を2016年4月22日に実施しました。Appleからの発表はとくにありませんが、米国の販売価格が変わっていないことを考えると円高の影響の可能性が高そうです。

iPhone 為替レート

9,000円〜5,000円の値下げへ

今回の価格改定はiPhoneを中心に行われたようで、価格は以下の通り変動しています。最大で9,000円の値下げとなっていますが、最近が開始されたばかりのiPhone SEについても5,000円の値下げとなっています。

  • iPhone SE 16GB:52,800円 → 47,800円
  • iPhone SE 64GB:64,800円 → 59,800円
  • iPhone6s 16GB:86,800円 → 78,800円
  • iPhone 6s 64GB:98,800円 → 89,800円
  • iPhone 6s 128GB:110,800円 → 101,800円
  • iPhone 6s Plus 16GB:98,800円 → 89,800円
  • iPhone 6s Plus 64GB:110,800円 → 101,800円
  • iPhone 6s Plus 128GB:122,800円 → 113,800円
  • iPhone 6 16GB:74,800円 → 67,800円
  • iPhone 6 64GB:86,800円 → 78,800円
  • iPhone 6 Plus 16GB:86,800円 → 78,800円
  • iPhone 6 Plus 64GB:98,800円 → 89,800円

価格は全て税抜きとなっています。

スポンサードリンク

改定前の価格を為替レートで計算するとiPhone 6sで1ドル133円、iPhone SEで1ドル137円となっていましたが、今回の価格改定でiPhone 6sが1ドル121円に、iPhone SEが1ドル119円となっており、1ドル120円前後のレートに見直されているようです。

iPhone SEの価格、3月31日時点で現在の価格になっていれば嬉しかったのに…。たった1ヶ月で低下価格が5,000円も下がってしまうとは。

格安SIMとの運用に有利に

通信キャリアの販売で0円の販売ができなくなったことから、SIMフリー版のiPhoneの価格が低下することで、キャリア版を購入するよりもSIMフリー版と格安SIMの運用がより有利となるので、iPhoneを購入する場合はどちらを購入するかをよく考えた方がいいかもしれませんね。

iPhone SE 16GBモデルが47,800円ということは24ヶ月間換算で月額で約2,000円となり、楽天モバイル(3.1GB+5分間かけ放題:2,450円)を組み合わせることで、約4,500円でiPhoneを持つことができます。

→ iPhone SE – Appleオンラインストア

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。