iPhone7s(2017)は本体にガラス素材、有機ELディスプレイ搭載か?

スポンサードリンク

2017年のiPhone 7sはガラス素材に有機ELディスプレイ搭載?

2016年秋にリリースされる「iPhone 7」は本体デザインなどは刷新されるバージョンになると予測されていますが、KGI証券のMing-Chi Kuo氏は2017年にリリースされる「iPhone 7s」にてAMOLED(有機EL)スクリーンとガラス素材をメインに採用すると伝えています。

iPhone

ガラス素材を採用した筐体といえば「iPhone 4/4s」を思い浮かべますが、「iPhone 7s」はまさにそのデザインに似ているようです。

アルミ素材から再びガラス素材に回帰する理由としては他社のスマートフォンにおいてアルミ素材を使ったデザインのものが増えてきたことから差別化をするために新しい素材で新しいiPhoneのリリースを検討しているようです。

また、「iPhone 7s」はAMOLED(有機EL)ディスプレイが採用される可能性も高いようです。以前から有機ELディスプレイの搭載は噂されていましたが、

すでにApple Watchで採用実績もあることから、近い将来のiPhoneにて本格的に使用されても不思議ではないのかもしれません。

スポンサードリンク

2年置きのフルモデルチェンジサイクルは撤廃?

通年通りなら2017年モデルは「S」付きのマイナーチェンジモデルの「iPhone 7s」となります。

しかし、今回の情報から見ると、この時期に筐体の素材がアルミからガラスに、ディスプレイが液晶から有機ELに変更されるとなるとフルモデルチェンジと考えることができます。

スマートフォンの性能はすでに熟成していることから1年のマイナーチェンジ、2年のフルモデルチェンジという今までのモデルチェンジサイクルでは市場に活力を与えることができなくなっているという判断もあるかもしれません。

2016年3月に「iPhone SE」というナンバリングモデルとは異なるモデルが登場したことで、名称も含めて今後のリリースサイクルは見直される可能性は高いのかもしれませんね。

さすがにモデルの区別を付けるためにナンバリングが無くなるということはないかもしれませんが「S」付きモデルは今後は廃止される可能性もあるのかも?

ちなみに過去にもガラス素材の採用の噂は流れています。

9to5 Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。