次期iPhoneに5.8インチ有機ELディスプレイ(OLED)搭載の噂

スポンサードリンク

5.8インチ有機ELディスプレイ(OLED)を搭載したiPhone?

次世代のiPhoneには有機ELディスプレイ(OLED)が搭載されるという情報がありますが、2017年か2018年に5.8インチの有機ELディスプレイ(OLED)を採用したiPhoneがリリースされるという噂が出てきました。

iPhoneとApple Watch

これはThe Motey FoolがDigiTimesから得た情報として伝えており、iPhone向けの有機ELディスプレイ(OLED)はSamsungディスプレイ、LGディスプレイ、ジャパンディスプレイの3社が供給をするとのことです。

リリース時期は確かなものではありませんが、早ければ2017年モデルから採用される可能性があるようで、ジャパンディスプレイに関しては2018年以降から供給するとのこと。

スポンサードリンク

上位モデルに採用?

現在のiPhoneは4インチ、4.7インチ、5.5インチの3つのラインナップとなっており、ここに5.8インチモデルが加わるということになるのでしょうか。iPhone 7 Plusにはデュアルカメラレンズを搭載したモデルが「Pro」の称号を得てリリースされるという噂もあ、上位モデルにおいて5.8インチの有機ELディスプレイ(OLED)を搭載する可能性もあるのかもしれません。

また、Plusシリーズの5.5インチを5.8インチに拡大することでベゼルレスを実現するということなのかもしれません。有機ELディスプレイ(OLED)はApple Watchですでに採用されており、今後のiPhoneにおいてもLCDからOLEDに置き換わることで、大幅に省電力化と薄型化に期待でき、結果的に電池の持ちが長くなることが期待できそうです。

個人的には表示品質がもう少し向上してほしいなと思っているのですが、2年後に実際に製品化される時には解決しているかもしれません。すでに他社のスマートフォンにおいても有機ELディスプレイ(OLED)の採用が進んでいることからこの流れは間違いないものと言えそうです。

http://itstrike.biz/apple/iphone/28911/
MacRumors
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。