iPhone7sでノイズキャンセリング機能付きのLightningヘッドイヤホンを採用?

スポンサードリンク

3.5mmのイヤホンジャックが廃止は濃厚か

やはり次期iPhoneから3.5mmのイヤホンジャックが廃止される可能性は高いのでしょうか。

iPhone6 ヘッドフォン端子

iPhone 7は3.5mmのイヤホンジャックが廃止されるのではないかという情報がありますが、Barclaysのアナリストによると、2016年のiPhone 7はLightningポート経由のノイズキャンセリング機能が搭載されていないヘッドフォンイヤホンが同梱されるようです。

ノイズキャンセリング機能

ノイズキャンセリング機能が搭載されたLightningポート経由のワイヤレスイヤホンは2017年に発売されるiPhone 7sからになるとしています。理由としてはiPhone 7にはベーシックなデジタルコーデックが採用されノイズキャンセリングを利用できないようです。

iPhone 7sからAppleの長年のパートナーでもあるCirrus Logicのデジタルコーデックを採用しイズキャンセリング機能が利用できるようになるとのこと。

スポンサードリンク

Cirrus Logicのコーデックを採用しないというわけではなくCirrus Logicは2014年にノイズキャンセリング技術の開発を行っていたWolfson Microelectronicsを買収しているので、この技術をiPhone 7sで採用するということでしょうか。

iPhone 7はワイヤレスイヤホンが付属するという情報もあるので、どのような形でイヤホンを提供することになるでしょうか。

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。