iPhone7のカメラレンズはフラットになりアンテナラインは一部撤廃か?

スポンサードリンク

iPhone7の噂

次期モデルとなる「iPhone7」はデザイン的にはかなりスッキリとしたものになるのかもしれません!

iPhone 6/6sのリアカメラレンズが出っ張りがありますが、「iPhone7」のカメラレンジはフラットなものが採用され、さらにアンテナラインの白い線が消えると伝えられています。

こちらの画像はMacRumousがiPhone 6のカメラレンズをフラットなものにしアンテナラインを消したものとなていますが、縁のアンテナラインは残ってしまうとのこと。

iPhone 7 アンテナライン 予測

カメラレンズはフラットに

今までの情報で「iPhone7」はデュアルカメラレンズを搭載するのではないかと言われていましたが、今回の情報ではそれを否定し、より小型化されたカメラモジュールが採用されることによってフラット化を実現しているとのことです。

スポンサードリンク

アンテナラインも一部撤廃

アンテナラインは縁には残るということなので完全撤廃とは言えませんが、iPhone 6/6sよりもスッキリとしたデザインとなるので歓迎したいところ。構造的に見直したことで実現をしたのか、以前に電波干渉が起こりにくい素材・陽極酸化金属材料を筐体に採用することによって実現しているのかは不明。

iPhone 7は例年通りのスケジュールでいけば2016年9月に発売されることのなるので、まだ半年以上先の話です。この段階で色々と噂が出てくるのはちょっと早いなと感じますが、iPhone 6sシリーズがイマイチ盛り上がりに欠けたことから次期モデルに期待している方も多いといえるかもしれません。

iPhone7ではさらに本体サイズが薄くなるのではないかとも言われていますが、個人的には電池の持ちをもう少し伸ばしてほしいなと思うところがあります。しかし、デザインを重視することでユーザーに買いたいと思わせる訴求方法の方が効果がありそうなので、なかなか難しいところなのかもしれませんね。

MacRumous

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • バッテリー容量で決めるなら、中国メーカーのスマホの方がiPhoneよりいいかと。薄型で大容量バッテリー積んでる機種いっぱいありますよ、最近の中国メーカーのスマホも金属製の素材使ってますし、デザインは悪くないですよ、

    そもそも特許を取得したからといってその特許が製品に採用されるとは限らないですしね

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。