iPhone7はワイヤレス充電と防水に対応し薄型化か?

スポンサードリンク

iPhone7はワイヤレス充電と防水に対応?

2016年モデルとなるiPhone 7は3.5mmイヤホンジャックが廃止されて薄型化されるという情報が多く出てきていますが、さらに防水仕様が実現しワイヤレス充電にの対応するかもしれないとFast Companyが伝えています。

iphone7の最新情報

3.5mmイヤホンジャックは廃止

3.5mmイヤホンジャックはiPhoneをさらに薄くするために廃止されるとされ、Lightningポートから音声と出力される仕様に変更するとし、オーディオチップメーカーのCirrus Logicと協議をしているそうです。

さらにCirrus Logic社が買収したWolfson Microelectronicsの新しいノイズキャンセラー技術を採用することで音楽再生中の通話の音質が向上するようです。

もし、3.5mmイヤホンジャックが廃止されることになれば付属のイヤホンはLightningポートに対応したEarPodsが付属されることになりますが、可能性としてイヤホン自体を付属せずBeatsブランドでノイズキャンセラ機能を搭載したイヤホンを販売するかもしれないとのことです。

他にもBluetoothイヤホンのAirrPodsが付属するのではないかという情報もあります。

ワイヤレス充電対応

スポンサードリンク

AppleはApple Watchでワイヤレス充電を実現しています。

このことを考えるとiPhone 7でワイヤレス充電が可能になることは十分に考えられること。本体の防水にも対応すると伝えられていますが、Lightningポートの防水処理をどのように施すのかがポイントと言えるかもしれません。

もしワイヤレス充電が可能になればLightningポート自体を廃止することも検討できると思いますが、さすがにそこまで踏み切ることはしないでしょう。

ワイヤレス充電は便利ですが、Lightningケーブルを接続し充電をしながらiPhoneを利用することも多々あるので、何もかもケーブルレスにすれば便利になるわけでもないでしょうし。

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。