静電容量式ホームボタン搭載のiPhone 7の予想コンセプトデザイン!

スポンサードリンク

静電容量式ホームボタンのiPhone 7の予想コンセプトデザイン!

2016年モデルとなる「iPhone7」はデザインが刷新されることになり、どのようなデザインになるのか今まで以上に予想をしている方が多いように感じますが、Justin Quinn氏が非常にシンプルなデザインの予想コンセプトデザインを公開しています。

iPhone 7 予想コンセプトデザイン1

iPhone7のデザインはアンテナラインが新素材を採用することで隠すことが実現すると噂されていますが、今回公開されたデザインの背面デザインはアンテナラインが撤廃、iSightカメラの出っ張りもフラットになるなど非常にシンプルなデザインとなっています。

静電容量式ホームボタン搭載へ

Touch ID搭載のホームボタンは物理キーは撤廃され静電容量式に変更され本体サイズの小型を実現しています。また、iPhoneの上部と下部にスピーカーが内臓され映画やゲームを楽しむ時に横向きにした時にステレオ音声で楽しむことができるようになっています。

iPhone 7 予想コンセプトデザイン3

ただ、Touch IDの機能を一体型にしないといけないので技術的に可能なのか気になるところではありますが。

スポンサードリンク

カラーラインナップ

カラーラインナップはシルバー、ゴールド、ローズゴールドの3色となぜかスペースグレイがありません。

iPhone 7 予想コンセプトデザイン2

個人的にはこのデザインは結構好きです。静電容量式のホームボタンに変更されたとしてもMacBookやiPhone 6sにも採用された振動ユニット「Taptic Engine」を利用することでボタンを押したという感覚を得ることもできるでしょうしアリなのかもしれません。

いずれにしても、背面のアンテナラインが無くなったということがデザイン的にカッコよくさせる要素となりますね。

なお、iPhone 7にはダーク系のカラーが追加されて32GBのストレージ容量からになるのではないかという情報もあります。

concept-phones

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。