iPhone7は防水機能搭載でアンテナラインはついに撤廃される?

スポンサードリンク

iPhone 7は防水機能実現のためアンテナラインを撤廃か

iPhone 6/6 PlusとiPhone 6s/6s Plusの本体デザインはアンテナを白色の線にした奇妙なDラインデザインが採用されていますが、お世辞にもカッコ良いデザインとは言い難いものです。

iPhone6s カメラレンズ

それでも世界でこれだけ売れてしまうのはAppleのブランディングが高いからこそですが、次期モデルとなるiPhone 7シリーズは完全防水仕様を実現するためにDラインの線を隠すための新しい複合素材を採用すると伝えられています。

デザインを優先するためはなく防水機能を実現するために、とはAppleらしくない部分ではありますが、Dラインを無くして隙間を無くすことで自然と防水機能も付加されるものであれば納得です。防水機能を搭載したスマートフォンもすでに存在していることを考えるとiPhoneもいつかは防水対応しても不思議ではありません。

スポンサードリンク

スッキリしたデザインになることに期待

いずれにして、デザイン的に格好良くないDラインの線が次期モデルのiPhone 7で消えて無くなるのは非常に嬉しいところです。なお、デザイナーのEric Huismann氏がスッキリとしたiPhone 7の予想デザインを公開しています。

iPhone 6/6sと同じデザインなのでこれがiPhone 7のデザインになることはないでしょうが、非常にスッキリとしたものとなっており2016年モデルのiPhoneはかなり期待できるかもしれません。

アンテナの問題からちょっと変わったデザインになったのはiPhone 5からでiPhone 4s以前のモデルはスッキリとしたデザインとなっていました。個人的にはiPhone 4sのデザインは非常に好きなので、シンプルでカッコ良いデザインを復活させて欲しいところです。

追記:iPhone 7は部分的にアンテナラインが撤廃されることは確実のようです。ただ、他のメーカーのスマートフォンもアンテナラインの撤廃が進んでいるので、これが大きな強みになることはなく、当たり前のデザインになると思うので、もし似たようなデザインでiPhone 7がリリースされることになれば、販売数はなかなか厳しいものになってしまうようにも思えます。

DigiTimesMacRumous

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 複合素材とはなんなんでしょうね

    リンク先のデザイン、美しくシンプルでいい感じです。iPhone7はデザイン/機能含め、いろいろ期待出来そうですね。

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。