2017年のiPhone7sはUSB-Cコネクタに?スイスが充電規格の統一案!

スポンサードリンク

スイスが2017年に充電コネクタの標準化へ

現在のスマートフォンの充電コネクタはAndroidスマートフォン・タブレットはmicroUSB、AppleのiPhone・iPadはLightningコネクタが採用されており充電コネクタが統一されていません。

USBコネクタ

そんな中で、スイスが電気製品に使用される充電コネクタの規格を2017年に統一することを発表しました。

永世中立国であるスイスには赤十字会、国際オリンピック委員会、WHO、国際通貨基金(IMF)などの本部が設立されていることもあり、スイスが標準規格としたコネクタが世界標準になる可能性は高いと言えるのかもしれません。

USB-Cが採用される?

Appleはすでにスイスからの提案に同意をしたそうで2017年以降は他社のデバイスと合わせたコネクタを採用するようです。ただし、このコネクタというのがどの種類のものになるかは明らかになっていません。

候補としてはmicroUSB、Lightningコネクタ、USB-Cの3つになるかと思います。USB-CはAppleが開発をしたという情報もありLightningコネクタと同じようにリバーシブル構造になっています。

このことからUSB-Cコネクタが採用されている可能性は高いと言えるのかもしれません。

2015年4月に発売が開始された12インチのMacBookに初めてUSB-Cコネクタが採用されましたが、今後はMacの製品群に関してはUSB-Cの採用が進むことでしょう。問題はUSB-CがiPhoneやiPadにも採用されるのかという点です。

もし、スイスの標準規格にUSB-Cが採用されることになりiPhoneやiPadに採用がされることになれば2017年モデル(iPhone 7s/7s Plus)はLightningコネクタではなくUSB-Cが搭載されることになるのかもしれません。

スポンサードリンク

USB-Cはサイズが大きい

一つ問題があるとすればUSB-CコネクタはLightningコネクタと比較してサイズが若干大きいという点でしょうか。

usb-c-005.jpg

薄型化が進んでいるスマートフォンにおいてコネクタサイズが大きくなるUSB-Cを採用するデメリットは大きいようにも感じます。また、iPad ProのLightningコネクタにおいてはUSB 3.0規格に対応しているという情報もあります。

LightningコネクタはAppleの独自規格とはいえ世界的にiPhoneが普及していることを考えると本当に手放すことになるのか、さらに規格を拡張していることを考えると本当にUSB-Cを採用するか疑問を感じてしまいます。

なお、このような動きはEU全体でもありmicroUSBに規格を統一するという提案を採決したと2014年3月の時点で伝えられていました。しかし、現時点では統一はされていないようですけどね…どうなったのでしょうか。

WeiPhone小龍茶館

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。