2018年発売のiPhone8に有機ELディスプレイ搭載か

スポンサードリンク

2018年のiPhoneに有機ELディスプレイ搭載か

iPhoneのディスプレイが3年後の2018年に有機ELディスプレイ(OLED)に切り替える計画であることを日本経済新聞が伝えています。

iPhone6s vs iPhone6

有機ELディスプレイ(OLED)は鮮明な画像と省電力、柔軟性が特長となっており、すでにApple Watchの有機ELディスプレイを供給を行っているLGディスプレイが増資投資をするなど動きを見せているようです。

有機ELディスプレイはサムスンが自社のスマートフォンで採用をしていることもあり、2社がAppleに供給する可能性が高いとしつつ、有機ELディスプレイは通常の液晶に比べて発行量が少なく寿命が短く生産コストも高い技術的な問題も解決しなければいけないとしています。

スポンサードリンク

2018年に発売されるiPhoneということはiPhone8から有機ELディスプレイが採用されるということになりますが、KGI証券のMing-Chi Kuo氏も2018年までは有機ELディスプレイを搭載したiPhoneは発売されないという見方を示しているので情報は合致していると考えることができそうです。

いずれにしても、スマートフォンのディスプレイは省電力でより柔軟性の高い有機ELディスプレイ(OLED)がメインとなる時代もそう遠くないのかもしれません。

http://itstrike.biz/apple/iphone/28911/
http://itstrike.biz/apple/iphone/29030/

LGが工場を韓国内に建設へ

追記:LGディスプレイが中小型有機ELパネルの新工場を韓国内に建設すると日本経済新聞が伝えています。2017年末にも稼働させて生産量を増やしていくということで投資額は数年間で1兆円を超えるとのことです。

韓国経済はかなり危機的な状況にあると言われていますが、iPhoneのディスプレイとなれば大きな利益を得るチャンスでもあります。大きな投資をしてでもLGディスプレイ、サムスンディスプレイともに獲得したいところと言えるのかもしれません。

日本ではジャパンディスプレイがiPhoneのディスプレイを供給しており、現在は石川県白山市に新工場を建設しており、AppleのiPhoneのディスプレイの供給も視野に入れているとみられています。2016年のiPhone 7より石川県白山工場で生産したパネルが採用されるとも言われていますが、2018年に間国連合のLGとサムスンに受注がこぞって取られる可能性も高そうです。

日経経済新聞MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 一部のiPhoneで有機ELを採用し、従来液晶を搭載した製品と並行して販売する案が有力であると書いてありますね、

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。