Apple、Genius Barで新しい修理プログラムを導入!症状が重い場合は修理センターへ!

スポンサードリンク

Appleが新しい修理プログラムを導入

Appleがアメリカやヨーロッパ、日本の一部のApple Storeにて新しい修理プログラムを導入するようです。

iPhone6/6s

対象となる機種はiPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plusの4機種となっており、今までApple Store内のGenius Barで修理をしていたiPhoneを以下の症状がある場合は、修理センターに一旦送られて対応することになるとのこと。

  • iPhoneがiTunesと接続できない場合
  • iPhoneの電源が入らない場合
  • 電源を起動するとAppleのロゴでフリーズする

代替機が準備される

スポンサードリンク

修理センターでの修理は3日から5日ほどの時間が掛かるそうで、その間はiPhone 6の16GBモデルが貸し出しされるとのこと。なお、修理センターに送り出されるかどうかはGenius Barのスタッフが判断するのではなく、専用のシステムによって判別されるとのことでばらつきがないような仕組みが構築されているようです。

地方に住んでいるとGenius Barで修理をするという感覚はなく、最初から修理センターに出すのが当たり前なので、馴染みがありませんがGenius Barの混雑ぶりはかなり凄いらしいので、時間の掛かる修理に関しては代替機をもらったほうが嬉しいかもしれませんね。

9to5Mac

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。