iPhone6sの第2世代Touch IDは読み取り速度が速くなり快適に【レビュー】

スポンサードリンク
iPhone6s Touch ID

iPhone6sのTouch IDの読み取り速度が高速に!

iPhone6sを触ってみてiPhone6との違いをあんまり感じることが出来ないまず気付いたのが第2世代となったTouch IDの読み取り速度です。

第2世代Touch IDを搭載した iPhone6s は、明らかに指紋に認証速度が向上していることを感じることができます。体感速度としては、画面が消えてる状態でTouch IDのホームボタンを押してホーム画面が表示されるまでのスピードが1.5倍以上は早くなっている印象を受けます。

ちょっと分かりにくいので動画で撮影しました。

同時押しをしているつもりですが若干の誤差はあるかもしれませんが、確実にスリープ状態から起動までの時間が短くなっていることが確認できます。また、精度も向上しているのかiPhone6と比較しても読み取りエラーが出る回数も少なくなっているような気もします。

細かな改良で満足度が向上

iPhone6sは見た目からの変化を感じることは出来ませんが、このような細かな改善を重ねられ、さらにユーザビリティが高められているような印象を受けます。その他にも、感圧タッチの3D Touchを搭載し操作方法の幅が広がり、A9プロセッサに2GBのRAMを搭載したことで動作も今までよりも快適に使うことができるようになっています。

AppleオンラインストアでiPhoneをチェック
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。