Apple、iPhone6s/6s Plusを発表!3D Touchと1200万画素カメラで4K対応へ!

スポンサードリンク

「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」を発表

Appleが日本時間9月10日午前2時頃より開催されたスペシャルイベントにて「iPhone6s」と「iPhone6s Plus」を発表しました!

ローズゴールドが追加

デザインはiPhone 6/6 Plusとほぼ同じとなっており、「ローズゴールド」が追加されることになります。

iPhone 6s

アルミ素材については7000番とは明らかにはしませんでしたが、Appleが独自に開発したものなんだとか。(後に公開されたスペック表に7000シリーズアルミニウムの表記がありました)

感圧タッチパネル「3D Touch」搭載

iPhone6s/6s Plusには感圧タッチパネルとなる「3D Touch」が搭載されます。マルチタッチの次の世代の操作として名付けられプレスすることでショートカット機能などが利用することができます。

感圧タッチパネル IPhone 6s

MacBookやApple Watch同様にプレスすることで得ることができる振動 Taptic Engine も搭載されており、強くタップした時の感触を得ることが可能。

 Taptic Engine iPhone6s

また、Touch IDの認識精度も向上しています。

A9プロセッサ搭載

iPhone6s/6s Plusは第3世代64ビットプロセッサの「A9チップ」を搭載します。

A9プロセッサ iPhone6s

A8チップと比較してCPUの性能が70%、GPUは90%の性能が向上しているとのこと。モーションチップのM9チップは初めてA9プロセッサのパッケージの中に統合し、省電力になっているそうです。

背面カメラは1200万画素、4K動画撮影にも対応

背面のiSightカメラは800万画素から1,200万画素にグレードアップしています。

1200万画素 カメラ iPhone6s

写真を撮影したときの様子を記録することができる「Live Photos」機能を新たに搭載し、写真をプレスすることで撮影した時の動画(っぽい)ものを見ることができます。

また、イメージセンサの高画素化にともない、4K動画の撮影にも対応します。

前面カメラは500万画素に

前面(FaceTime)カメラは120万画素から500万画素に大きく進化。

スクリーンショット 2015-09-10 3.53.08

さらに、ディスプレイを光らせるフラッシュ機能「Retina Flash」も搭載することで自撮りフラッシュにも対応します。

4G LTE-Advancedとより速いWi-Fi

4G LTE-Advancedに対応し最大で300MbpsのLTE通信が可能に。さらに、Wi-Fi通信速度も2倍高速化され866 Mbpsの通信が可能に。

ストレージ容量、価格、発売日

ストレージ容量は16GBからとなり64GB・128GBの3モデルとなります。

iPhone6s 価格

価格は2年契約で以下の通り。

  • iPhone 6s(16GB):199ドル
  • iPhone 6s(64GB):299ドル
  • iPhone 6s(128GB):399ドル
  • iPhone 6s Plus(16GB):299ドル
  • iPhone 6s Plus(64GB):399ドル
  • iPhone 6s Plus(128GB):499ドル

なお、iPhone 5sとiPhone 6/6 Plusは引き続き販売が継続されますが、カラーラインナップがゴールドモデルは選択できなくなるようです。

予約は9月12日から、販売は25日から開始されることが正式に発表されました。日本も発売日に発売することを発表しています。

iOS9は9月16日に配信

また、iOS9は9月16日に正式にリリースすることも合わせて発表しています。あれ、OS X El Captainは?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。