iPhone6sのアルミ素材の筐体は約3倍も強度がアップし曲がりにくい!

スポンサードリンク

iPhone6sの筐体の7000番アルミニウムの強度テスト

iPhone 6s/6s Plusの筐体にはApple Watch Sportの筐体素材であるアルミ7000番が採用されるとみられていますが、Unbox TherapyがiPhone6sの筐体の成分分析と強度テストを実施し、iPhone6と比較しても強固なボディに仕上がっていると伝えています。

iPhone 6/6 Plusで採用されている筐体は、6000番のアルミニウムが採用されていますが、iPhone 6s/6s Plusの筐体には亜鉛の含有量が5%程度多い7000番のアルミニウムが採用されています。

Unbox Therapyが公開している動画では6000番の筐体のiPhone6のリアケースと7000番の筐体のiPhone6sのリアケースを使って強度テストを実施しています。

約3倍の強度を誇る7000番アルミニウム

iPhone6は30ポンド(13.6kg)の圧力でリアケースが曲がり始めます。

iPhone6 リアケースの強度

iPhone6sは80ポンド(36.3kg)の圧力でリアケースが曲がり始めます。

iPhone 6s リアケース 強度

つまり、7000番のアルミニウムの方が約3倍ほど強度が硬くなっていることが確認でき、より曲がりにくいiPhoneになる可能性が高そうです。

腐食し易い素材

スポンサードリンク

7000番のアルミニウムは亜鉛の含有量が多いためか6000番と比較しても腐食しやすい素材になっているそうで、Appleはこの問題を解決するために陽極酸化処理のコーティングを厚くし対処しているとのこと。実際に陽極酸化処理のコーティングの厚みを計測したところ10μmの層となっていることが確認できたそうです。

この数字はiPhone6よりどれくらい厚いのかは分かりませんが、現行のiPhone 6/6 plusが曲がったというユーザーもごく一部であることを考えると耐食性の方が重要度は高いように感じますので、Appleもこの問題を解決すべく対処しているはずです。

約3倍程度の強度を手に入れることになるiPhone6sシリーズ。これだけ強度が増すとポケットに入れて座って曲がる可能性もかなり低くなりそうですが、ディスプレイが割れる可能性は残るので、特に5.7インチのiPhone 6s Plusに関しては特に気を付けた方がいいかもしれませんね。

関連
iPhone6sはアルミニウム7000採用でスペースグレイの色が黒くなる可能性も?
次期iPhone6sはApple Watch SPORTと同じアルミニウム7000が採用され強度アップ?

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。