AppleがiPhoneやiPadに有機EL(OLED)パネルの採用を検討か

スポンサードリンク
iPhoneとiPod Touch

2016年のiPhoneやiPadにOLEDを搭載?

いずれはiPhoneやiPadのディスプレイにも有機ELディスプレイ(OLED)が採用されることになるのかもしれませんね。

Appleは2016年のiPhoneとiPadシリーズにおいてOLEDの採用の検討をしていると伝えられています。OLEDはAppleだけではなく市場全体が注目をしているようで、やはり消費電力であることを考えると当然、検討をしているということなのかもしれません。

2016年はちょっと早いような気が..

今までにもAppleがOLEDを搭載したデバイスを発売するのではないかという情報は数多くあり、2017年のiPadにJOLEDが製造したOLEDを搭載させるという情報も過去にありました。

また、iPhoneの組立工場であるFoxconnが26億ドルを投資し工場を新設し製造を行うという情報もあり、2017年以降に製品化されるのではないかともいわれています。

関連
2017年の次世代iPadにJOLEDの有機ELディスプレイが採用される?
次世代iPhone(2018年モデル)にフレキシブルOLEDディスプレイ採用か?

現時点ではAppleはジャパンディスプレイ石川県白山工場の建設費の多く出資しているという噂もあることから、少なくとも2016年に発売されるであろうiPhone 7までは通常のLTPS(低温ポリシリコン)を採用する可能性は高く、2017年以降のデバイスにOLEDのディスプレイを搭載したモデルを採用することも考えられます。

関連 ジャパンディスプレイ石川白山工場の建設地に多数のクレーン車!規模の大きさがよく分かる!

JOLEDは産業革新機構(INCJ)、ジャパンディスプレイ、ソニー、パナソニックの4社がOLEDを研究、量産するための設立した会社で、ここも石川県川北町を拠点に工場を整備することが決定しています。JOLEDでは2018~2019年頃から製品を出荷できる体制を整えるとしてます。

スポンサードリンク

Appleは、Apple WatchのディスプレイでLGディスプレイが製造するOLEDを採用しています。これは明るい場所での視認性の良さや省電力であることで採用されたのだと思いますが、もしOLEDがiPhoneに採用されることになればバッテリーの寿命が長くなることに期待したいところです。

ただ、表示品質が悪くなってしまうのではないかという懸念はありますが…。やっぱり、Apple WatchとiPhoneのディスプレイの色合いの違いを比べると、OLEDは少しくすんだような色合いをしています。

この辺りの問題も完全にクリアしないと製品化されることはないのだと思いますが、今後のOLEDはどうなるのか気になるところですね。

Phone Arena

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。