iPhone6sの感圧式タッチパネルモジュールが量産開始!やはり搭載される?

スポンサードリンク
感圧式タッチパネル iPhone 6s

やはりiPhone 6sに感圧式タッチパネルを搭載か

先日、iPhone 6sシリーズに感圧式タッチパネルが搭載されない可能性が指摘されていましたが、DigiTimesによるとiPhone 6s向けの感圧式タッチパネル(Forch Touch)モジュールの生産が6月より開始されており、7月にさらに増産体制に入っていると伝えています。

iPhone 6のタッチパネルを生産しているTPKは7月に入ってから感圧式タッチパネルの量産を開始していることが明らかとなっており、どこ向けのパネルかは明らかにしていないもののiPhone 6s向けの感圧式タッチパネルではないかとみられているようです。

同社は2015年第3四半期の売上高が50%増加すると予想されています。また2015年第3〜第4四半期に出荷されるiPhone 6sは3,600万〜4,000万台に達するという予測もしています。

スポンサードリンク

少し前にiPhone 6sに感圧式タッチパネルが搭載されずA9チップや2GB RAM、1200万画素のカメラが搭載されるなどのスペック強化のみのマイナーチェンジになるだけという情報もありました。

しかし、タッチパネルメーカーで感圧式タッチパネルの増産が始まっていることを考えるとiPhone 6sに同パネルが搭載される可能性は高いと考えてもいいのかもしれません。

Apple Watchにも感圧式タッチパネルは搭載されていますがあんまり使っていません。そこまで重要なパーツでもないのかなーって思ってしまうのですが、感圧式タッチパネルがiPhoneに搭載することにより操作性がどのように変化することになるのかちょっと楽しみな部分でもあります。

関連
えっ?iPhone6sに感圧式タッチパネル搭載されずCPUやRAMの強化のみ?
・新型のiPhone6sは感圧式タッチパネル搭載し7月にも生産が開始か

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。