iPhoneのサファイアガラスに向け?Appleが新技術の製造工程特許を取得へ!

スポンサードリンク

iPhoneのサファイアガラスに向けての特許

Apple Watchの保護ガラスとして採用されているサファイアガラスですが、iPhoneにも搭載される日はやってくるのでしょうか。

サファイアガラス

以前からAppleはiPhoneにサファイアガラスを採用しようと試みをしておりiPhone 6/6 Plusにおいてサファイアガラスが採用されるのではないかという情報は数多くあり、実際に開発をしていた形跡は残っています。その結果、iPhone向けのサファイアガラスの開発を行っていたというGT Advancedは破産してしまったわけですが…。

Appleはサファイアガラスを製造するための新しい特許を取得しました。なので、諦めたのかと思っていたiPhoneへのサファイアガラスの搭載するために開発はまだまだ行われているということになります。

サファイアガラスの特許

今回、米国特許商標庁が公開したAppleの特許は「第二ガス媒体を使用したレーザー切削方法」というサファイアガラスの製造方法に関するものとなっています。

この製造方法でサファイアガラスを非常に薄く効率よく加工することができるようで、サファイアガラスの特徴でもある「傷には強いが衝撃に弱い」ことから製造時の不良品に対しても有効な製造方法になっているようです。

次世代のiPhoneにサファイアガラスは搭載されるのか

AppleはiPhoneのiSightカメラの保護レンズやApple Watchの保護ガラスにはサファイアガラスをすでに使用しており、実績はかなりある方だと思います。

それでも画面の大きなiPhoneに採用できないのは、それだけ製造することが難しいってことなんでしょう。とはいえ、開発は続けられているようなので次世代のiPhoneにサファイアガラスが採用される可能性は高いといえるかもしれませんね。もし、サファイアガラスがiPhoneに搭載されたら傷には本当に無縁になるかもしれないので、保護シートの必要性はほとんどなくなるかもしれません。

個人的にはiPhone 5s以降から保護シートは使ってませんが…。現在のゴリラガラスでもかなりの傷耐性はあるので傷はほとんど付きませんし、指紋も保護シートを使っている時より付きにくいのでかなり快適ですよ。

Cult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。