初代iPhoneが発売されて8年、進化を続け今では携帯電話のスタンダードに!

スポンサードリンク

初代iPhoneが発売されて8年を迎える

6月29日(日本時間6月30日)はAppleにとって記念すべき日です。

初代iPhone

そうです。8年前の2007年6月29日(日本時間6月30日)にアメリカにてiPhoneは産声を上げた日です。初代iPhoneは2007年1月9日に「Macworld Expo 2007」で発表され、当時シェアを占めていたノキア、ブラックベリー、ソニー、モトローラなどに衝撃を与えました。

携帯電話業界の勢力図を変えたiPhone

当時のアナリストやユーザーは「iPhoneは売れない」と評していたこともあり、各メーカーもそれほど驚異を感じていなかったかもしれませんが、たった数年でもの凄いシェアをAppleのiPhoneが占めることになり、現在ではiPhone型のスマートフォンが現在のスタンダードになりました。

今ではノキアの携帯電話部門はマイクロソフトに買収され、モトローラは中国レボノ、ブラックベリーはニッチ層を狙って奮闘中、ソニーは赤字を垂れ流しながら頑張ってる、まさにAppleによって今までの携帯電話業界の勢力時を一気に変えてしまったことになります。

スポンサードリンク

日本は2代目のiPhone 3Gから発売

iPhoneが日本でソフトバンクで初めて発売されたのが2世代目となる「iPhone 3G」からですが、個人的には「iPhone 4」が登場したときに格段にハードウェアが進化しデザインがスタイリッシュになり、「iPhone 4s」でハードウェアがさらに進化し使いやすくなったことから一気に普及したイメージがあります。

今後も販売台数を維持できるか

代を重ねるごとに販売台数を拡大し続けており、初代iPhoneは発売かた74日後に100万台を突破、最終的には約600万台が売れたと言われています。そんな中で最新のiPhone 6/6 Plusにおいては発売3日間で1,000万台の大台を突破したことが正式に発表されており、いかに売れまくっているにかがわかります。

  • 初代iPhone:74日後に100万台
  • iPhone 3G:最初の週末で100万台
  • iPhone 3GS:最初の週末で100万台
  • iPhone 4:発売3日で170万台
  • iPhone 4s:発売3日で400万台
  • iPhone 5:発売3日で500万台
  • iPhone 5s/5c:発売3日で900万台
  • iPhone 6/6 Plus:発売3日で1,000万台

2015年秋にも新モデルとなるiPhone 6sシリーズが発売される見込みですが、前モデルの販売台数を上回ることができるのか、そしてどのような進化を遂げる非常に楽しみでもありますね!

MacRumors

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。