次世代iPhone(2018年モデル)にフレキシブルOLEDディスプレイ採用か?

スポンサードリンク

次世代iPhone(2018年モデル)にOLED搭載?

AppleのiPhoneのディスプレイは低温ポリシリコン(LTPS)が採用されていますが、2018年にリリースされる次世代のiPhoneにてフレキシブル OLED(有機ELディスプレイ)が採用されると韓国メディアが伝えらているようです。

bendgate-640x448

随分と未来のお話となっていますが、以前からiPhoneにフレキシブルな OLED ディスプレイが採用されるのではないかと噂になっています。Appleの生産委託工場でもあるFoxconnがAppleの専用ディスプレイ工場を26億ドルの費用をかけ建築しており、同工場にてOLED ディスプレイを生産するのではないかとみているようです。

また、Apple WatchのOLED ディスプレイの供給をしているLGディスプレイも2017年にiPhone向けのパネルを量産する計画もあるとか。

特許はいくつか取得している

実際に、フレキシブルなiPhoneがリリースされるかどうかは別としてAppleは過去に「曲がるiPhone」に関する特許をいくつか取得をしており、検討をしていることは確かなようです。

Samsungは OLED(有機ELディスプレイ)には積極的にデバイスに採用を進めていますが、Appleはなかなか主要デバイスへの採用はまだ進めていません。とはいえ、通常の液晶パネルに比べて消費電力も少ないなどのメリットもあるため今後は主力製品への採用は進めていくの可能性は高いのかもしれませんね。

追記:(2016年7月)

Appleは2017年に発売するiPhone 8に有機ELディスプレイを搭載する可能性があることが伝えられています。

2016年にモデルとなるiPhone 7はiPhone 6/6sのデザインをベースになりヘッドフォンジャックを廃止したマイナーアップデート的な製品になると予想されており、その次の2017年モデルとなるiPhone 8でデザインからスペックまで全てを大幅に刷新することになることが予想されています。

businesskoreaCult of Mac
スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。