次期iPhone6sは機能が大幅に強化され8月に発表され9月発売か?

スポンサードリンク
iPhone 2015モデル 最新情報と噂

次期iPhoneは8月発表で9月発売?

次期iPhoneの「iPhone 6s」シリーズですが2015年8月に発表され9月に発売されるとKGI証券のMing-Chi Kuo氏の最新のレポートで伝えています。

過去の例でみると、iPhone 3GSまでは6月に、iPhone 4sは10月、iPhone 5以降は9月に製品発表を行っていますが、iPhone 6s/6 Plusは8月に発表されるとし発売は従来通り9月になるとしています。

関連 次期iPhone6sシリーズは8月発売に繰り上げられる可能性が浮上

9月に発売するなら今までとおり9月発表でいいのでは?って思ってしまいますが…なんか意味があるのでしょうかね。

Foxconnが60〜70%の組立を担当

新しいiPhoneシリーズの組立はいつも通りFoxconnが生産委託を受け行われるようで、60〜70%の量を担当することになるそうです。まあ、兼ねてから噂されている12.9インチのiPad Proの組立もFoxconnが100%担当するとのことです。

FoxconnはiPhoneの組立には手慣れているということもあり歩留まりは非常に高く生産効率がとても良いそうで、Appleとしては安心してお願いできる生産工場なのでしょう。

iPhone 6s/6s Plusの機能

Ming-Chi Kuo氏はiPhone 6s/6s Plusの機能についても言及しており、やはり感圧式タッチパネルが搭載される可能性が高く、同モデルで長らく採用されていたイメージセンサー800万画素が1200万画素にアップグレード、A9プロセッサに2GBのRAMが搭載、Touch IDの認識が強化されると伝えています。

カラーラインナップもApple Watchの高級モデルにもあったようにローズゴールドモデルが追加されるとのこと。

iPhone 6sシリーズはForce Touchの搭載をはじめ、大きくスペックが上がることが期待されますが、個人的には一番の嬉しいポイントとしては2GBのRAMが搭載されることでしょうかね。やはり2GBのRAMを搭載しているiPad Air 2は快適に動作しますからね!

関連
次期iPhone6sに感圧タッチのForce Touchが搭載される可能性は高い?
次期iPhone 6s/6s PlusはA9チップと2GB LPDDR4のRAM、1200万画素カメラ搭載か

MacRumos

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。