iPhoneの画面が割れた!Appleサポートサイトから配送修理する方法と料金について!

スポンサードリンク

iPhone 6 Plusの画面が割れた…!

やってしまいました…。SIMフリー版のiPhone 6 Plusの大きくて綺麗なディスプレイが落としてしまった事によって割れてしまいました。コンクリートに落としてしまったので綺麗にひび割れとなってしまいました。

こんなに豪快に落としたことがなかったのでかなりショックです..!

iPhone 6 Plus ディスプレイ割れ

Apple Care加入なら7,800円で修理可能

iPhoneの画面が割れてしまったという方は多いと思いますが、修理費は購入時に30日以内なら加入する事ができる「Apple Care + for iPhone 」に入っているかどうかで大きく異なってきます。Apple Careに加入の場合は7,800円を支払えば最大2回まで修理をしてくれます。

Apple Care未加入は14,800円で修理….??

しかし、残念ながら Apple Care に加入していなかったので適用できません。ということで修理費用(①保証対象外 (OOW) 修理サービス料金)は以下の価格になります。

  • iPhone 6 Plus:38,800 円
  • iPhone 6:34,800 円
  • iPhone 5s/5c/5:31,800 円
  • iPhone 4s:22,800 円
  • iPhone 4/3GS/3G:16,800 円

例外があり、Appleのサポートページの「②画面の修理サービス料金」という項目には

  • iPhone 6:12,800 円
  • iPhone 6 Plus/5s/5c/5:14,800円

という価格になっており、画面のひび割れに関しては特別価格で修理が出来ることになっています。しかしながら、Appleのサイトのある「オンライン修理サービス」から申し込みをしても②の料金が適用されません。なぜなんでしょうかね?

iPhone 6 ディスプレイの修理

色々と調べてみるとApple Store直営店にあるサポートカウンターのGenius Barから修理をすると②の価格での修理が可能になるみたいです。

ただし、画面部分の交換だけで直らないと判断された場合は本体交換となる①の料金となるようです。ということは、オンラインからの手続きでも画面部分の交換で修理可能と判断されたら②の価格で請求されるということなのでしょうかね?

この辺りの情報がなくてよく分からないのですが、近くに直営店もないのでAppleのサポートページからの郵送修理を敢行してみたいと思います。(実際にどうなったかは追記します。)

追記:ディスプレイの交換だけで済んだので②の「画面の修理サービス料金の14,800円+税」で修理をすることができました。先に最大限の金額でクレジット処理をしてあとから正式な金額で決済される仕組みとなっているようです。

Appleサポートサイトから郵送修理する方法

スポンサードリンク

Appleのサポートサイトにアクセスして修理手続きを行います。「自分の製品を表示する」を選択しApple IDとパスワードを入力してログインします。

Apple サポート 自分の製品を表示する

購入し登録してある製品が表示されるので、修理に出すデバイスの画像をクリックします。

修理に出す

「サービスリクエストとトラブルシューティング」を選択します。

サービスリクエストとトラブルシューティング

症状例がいくつか表示されるので「ディスプレイにひびが入っている」を選択します。その他の症状の場合は同様に進めていくことができます。

ディスプレイにひび

基本的なシステム情報をAppleに送信することで問題の解決が早くなることもあるようですが、今回は画面のひび割れなので「いいえ。続ける。」を選択して先に進めます。ここでiPhoneで使っているメールアドレスを入力するとメールが受信し添付されているリンクをクリックすることでiPhoneの情報がAppleに送信されるようになっています。

Apple support06

今回は「配送修理」を選択します。住んでいる地域を訪ねられるので「日本」を選択します。

配送修理

症状の説明が求められます。

症状の説明

配送方法というかiPhoneを引き取ってくれる時間帯を選択します。集荷は専用の箱を持ってヤマト運輸が来てくれます。

集荷時間の選択

保証状況の確認で、今回は有償修理になるので以下のようにします。修理可能である状態であることも同意を求められます。もし、本体が曲がっているとか修理不可能な状態の時は追加修理費用を支払うことに同意することになり、最大で本体価格分までの料金が発生してしまうこともあるようです。

同意

配送先やクレジットカードまたは代金引換などの入力も済ませると見積もりが表示されます。

iPhone修理 見積もり

「修理サービスリクエストを送信」をクリックします。これで申し込みが完了です。指定した日時にヤマト運輸がiPhoneを引き取りに来るので、バックアップをiTunesかiCloudに保存をしてSIMカードを抜いた状態で渡します。

1週間ほどで修理されたiPhoneが届くようです。なお、1週間の間はiPhoneがない状態となりますが、キャリア版を利用の方は各ショップに行けば代替機を借りることが可能で、SIMフリー版の場合はない状態で耐えるしかないようです….。(今回は触れていませんが、エクスプレス交換サービスというのもあります)

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

  • 14,800円の修理金額が始めに出ないのは、回収後「画面(ディスプレイ)のみの交換で問題無し or 本体まるごと交換しないといけない破損となっている」という判断が工場で行われて修理になると聞きました。
    なので、安い金額14,800円出始めから請求をして、金額が上がるというのはおかしいから、まずは大きな料金で請求として、画面のみでよかった場合は金額は14,800円になると聞いてますね。

    画面割れたから、14,800円だ と思い込まれる人も多いのでしょう…

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。