iOS8.3で利用可能になったVoLTEをiPhoneで設定する方法!

スポンサードリンク
iPhone VoLTEを設定する方法

iPhoneでVoLTEの設定をする方法

iOS8.3とキャリア設定アップデート19.1へのアップデートにより、LTE回線を利用した通話「VoLTE」が各キャリアで利用することができるようになります!

そこでVoLTEを利用するための手順を紹介したいと思います。

iOS8.3とキャリア設定アップデート19.1へのアップデートは以下の記事を見て下さい。

関連 iOS8.3とキャリア設定アップデート19.1でVoLTEの利用が可能に!

NTTドコモの場合

NTTドコモの場合は「設定」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」の項目の「音声通話およびデータ」をオンにするだけで利用が可能になり、3社の中で一番簡単に設定をすることができます。

auの場合

auの場合は契約オプションに「ネットワーク設定オプション」を追加する必要があります。

auお客様サポートにログインして「各種変更お手続き」→「サービス・機能・データチャージ」→「オプションサービス」→「ネットワーク設定オプション」を追加からVoLTEのオプションを追加することが可能になります。

auの場合は3G回線のCDMA2000と4G LTEの同時通信ができないのでサービスエリアは4G LTEのみになってしまうのは注意すべき点となります。

ソフトバンクの場合

僕はソフトバンクと契約をしているので画像付きで紹介したいと思います。ソフトバンクも契約オプションからVoLTEを追加する必要があります。

MySofybankにアクセスをしてログインをし「契約内容の確認・変更」→「オプションサービス」から「変更」を選択します。「サービスを探す」を選択して「VoLTEオプション」という項目を検索するなりして探します。

ソフトバンク VoLTE

加入します。もちろん、無料で利用でき、ホワイトプランでもOKです。

VoLTEオプション ソフトバンク

iOS8.3とキャリア設定19.1がインストールされていない場合にVoLTEのオプションに入ることで留守番・転送電話設定や割込通話設定が利用出来なくなるそうなので、利用をしている方は必ずアップデートをしてからオプションに加入しましょう!

VoLTE 同意画面

「同意」をクリックして進むと申し込みが完了します。即日利用が可能になります。

VoLTE 即日利用可能

この状態でiPhoneの「設定」→「モバイルデータ通信」→「4Gをオンにする」の項目の「音声通話およびデータ」をオンにしても有効化出来ないので、端末を再起動します。

スポンサードリンク

再起動後に「音声通話およびデータ」をオンにすることでVoLTEの通話が可能になるようです。

Softbank 4G LTE VolTE

VoLTEを利用するかどうかは別としてオプション設定は簡単にすることができるので、とりあえず契約オプションに追加しておいて、使う機会が出てくることがあればオンにすればいいのではないでしょうか。

ソフトバンクはVoLTE非対応機種でもHD Voiceのメリットがある

ソフトバンクの場合は相手がVoLTEに対応していないHD Voice(3G)に対応した機種においても通話音声が綺麗になるので、VoLTEの機能は結構有効なのかもしれません。

HD Voice(3G)は音声周波数の200Hz~3300Hzから50Hz~7000Hzまで拡大させる技術で、iPhoneでは実はiPhone5以降の機種から対応しているそうで、もしかしたらVoLTEをオンにしたiPhone 6/6 PlusとiPhone 5の通話の音声は綺麗に聞こえる可能性はあるのかもしれません。

関連 ソフトバンクもVoLTEとHD Voiceを14年12月下旬以降サービス開始へ!

追記:ソフトバンクがHD Voice(3G)の対応機種を大幅に増加させ実際にiPhone 5以降に端末同士の音声通話も非常にクリアで高音質な通話ができるように改善されています。

ソフトバンクがHD Voice 3Gに対応しiPhone5以降の音声通話が高音質に!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。