JDIがiPhone向け液晶の製造工場を石川県白山市に建設へ!地元なのでちょっと驚き!

スポンサードリンク

ジャパンディスプレイが石川県白山市に液晶新工場建設へ

iPhoneのディスプレイの製造をしているジャパンディスプレイ(JDI)が石川県白山市に第6世代の液晶新工場を建設することを発表したとロイターが伝えています。

ジャパンディスプレイはキリン北陸工場跡地の取得契約を締結後、2015年4月までの建設を開始し2016年夏までに稼働を開始し2016年モデルのiPhoneから供給が出来るようにするとのこと。

Iphone6 stock photo

工場建設に必要な投資額は1,700億円にもなるそうでAppleがその大半を負担をするとのこと。これはAppleがジャパンディスプレイに対して増産依頼をした結果のようで、さらに他メーカーへの液晶供給もできる承認を得ているとのことでジャパンディスプレイにとっては嬉しい投資話といえそうです。

白山市の新工場で生産されるのはG6ガラス基板(1500×1850ミリメートル)の中小型液晶となっており月産2万5000枚の生産能力を持つ設備が建設、将来的には7万枚の生産が可能になるとのことです。

実は近所だったりします。

スポンサードリンク

実は石川県白山市は僕の住んでいるところから近く(白山市には住んでませんが)、2010年まで稼働していたキリンの北陸工場があったこの場所は北陸自動車道からも近いです。最近では近くに白山インターチェンジも建設されたことから輸送に関してはかなり利便性の高い場所です。

キリンの北陸工場は工場内を見学することができる場所でもあったのでとても親しみのある場所です。そんな跡地にまさかのAppleのiPhoneに採用される液晶ディスプレイの生産工場が建設されるとは非常に嬉しい気持ちです。

石川県には川北町(元パナソニック → 元東芝モバイルディスプレイ)と能美市(加賀東芝エレクトロニクス敷地内)にもジャパンディスプレイの液晶パネル工場が二つあり、白山市にも建設されれば3つ目の工場となり田舎なのになかなか頑張っている感じがします!関係ない話ですが加賀東芝では毎年5月くらいに加賀東芝祭りを開催しており、2014年はやしろ優さんと相川七瀬さんがステージに登場したり地元から愛されている工場です。

工場が建設したら是非とも外観を拝みに行ってみたいものです。さすがに見学は出来ないんでしょうねー。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。