ソフトバンクの機種変更先取りプログラムでiPhone6を機種変更したらいくら得するのか?

スポンサードリンク

ソフトバンクが機種変更先取りプログラムを発表

ソフトバンクがiPhone 6、iPhone 6 Plus、DIGNO Uの3機種にて分割支払金を実質無料にする「機種変更先取りプログラム」を2015年2月27日(金)より開始することを発表しています。

Softbank logo 1 e1409299408356

機種変更先取りプログラムは月額300円を支払うことで、指定機種を18カ月間利用したスマートフォンの残っている最大7ヵ月分の分割支払金と同額を通信料金から分割割引することで残債金額を実質無料にしてくれるサービスとなっています。

機種変更先取りプログラム

19カ月目から25カ月目までの間に機種変更した場合は19カ月目以降に支払ったプログラム料は返金され、機種変更先取りプログラムを利用しないで機種変更をした場合は全額返金されるというシステムとなっています。ただし、注意点としては利用していたiPhone 6、iPhone 6 PlusまたはDIGNO Uを返却しないといけないません。

iPhoneなどは携帯電話回線が繋がっていないWi-Fi環境だけでも十分使えますので返却したくないというユーザーは全く意味のないプログラムとなっています。同様のシステムはauがすでに「アップグレードプログラム」として開始しており、システムはほぼ同じとみて良さそうです

スポンサードリンク

実際にどれほど特なのか試算

auの時にも試してみたのですがソフトバンクでもやってみたいと思います。実際にiPhone 6 16GBモデルで「機種変更先取りプログラム」を利用した場合、どうなるのか計算をしてみました。

●今ま通り普通に19ヶ月目に機種変更した場合

機種代金:2,920円×24ヶ月 分割支払金総額:70,080円
毎月割:-2,920円×18ヶ月 18ヶ月で-52,560円
支払金額:17,520円

●アップグレードプログラムで19ヶ月目に機種変更した場合

機種代金:2,920円×18ヶ月 分割支払金総額:52,560円
毎月割:-2,920×18ヶ月 18ヶ月で-52,560円つまり0円
アップグレードプログラム:300円×18=5,400円
支払金額:5,400円

差額:12,120円お得

auの「アップグレードプログラム」の差額は12,690円だったのでソフトバンクの方が機種代金が安い分少しだけお得になっているようです。

関連 auのアップグレードプログラムでiPhone6の機種変更時の残債が得になる金額は?

正直なところ普通に機種変更して使わないiPhoneなどをヤフオクなどで売却したほうがお得だと思いますが、その手間などの面倒を考えると古い機種を使わないというユーザーにとってはお得なプログラムといえるのかもしれません。

機種変更先取りプログラムやる?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
 

この記事がよかったら「いいね!」してね!

最新情報をお届けします

Twitterでフォロー

follow us in feedly
■関連している記事もどうぞ!

コメント

お名前、メールアドレスを入力せずコメント残せます。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。